企業におけるの4つの新採用教育方法:2018就活問題

2017/03/24

今、日本国の新採用の現状

今、日本国は、学生選考から新採用教育に変わらなければならない時代がもうそこまで来ていると感じています。

 

 

 

考察資料

NewsPicks編集部2017年3月の特集オリジナル記事

 

「【人気企業ランキング】東大、京大、早慶が今一番行きたい会社2018年卒」

https://newspicks.com/news/2132570/body/より

 

伊藤忠商事

 

物事をやり抜く覚悟がある人

新しいことが好きな人

多様性を認められる人

https://newspicks.com/news/2132663?ref=index&block=picked_9384より

 

三井物産

 

修羅場・土壇場・正念場に強い

自分で提案し積極的に動ける人

挑戦を繰り返せる人

https://newspicks.com/news/2132664?ref=index&block=picked_9384より

 

三菱商事

 

時代を先読みする「事業構想力」

最後までやり抜く「実行力」

人から線形される「高い倫理観」

https://newspicks.com/news/2132665?block=side-news-seriesより

 

 

 

この参考にしているNewsPicksは、意識の高い人の情報共有の場と捉えています。

人生の参考になる記事、それに対するコメントが、群を抜いてお得感満載のサイトでありお勧めサイトです。

 

マインドフルネス(現実認識)

さて本題です。マインドフルネスしましょう。

今、日本では旧来の大企業が危機に陥っていることが事実です。人ごとではないのです。台湾企業に助けてもらった企業もあります。

上場廃止危機の企業もあります。また、AIが進出して来ます。そして労働人口が減ります。これらは事実でしょう。

今の日本国のことです。未来を生きる人の事実ではないでしょうか。

 

もう一つ忘れてはいけないものがあります。日本に吹いている風習です。「誰かがやってくれる」の風です。

この風習は、現代の人は被害者です。昭和の時代、日本が高度成長、バブル経済を起こしたつけです。

このころに「働いて生きる」という生き物の原点を見失ったつけと思っています。

 

変われるのか日本国

この「誰かがやってくれる」の風というものが、何を生み出したのか。それは「前例踏襲」、「真似る」というヤツです。

日本の霞ヶ関に働いている人は、みなさん勉強はできます。

 

共通なことは、「参考書」が必要な人です。本質を捉えられないから「見本」が必要なのです。

公務員は、「前はどうか?」、「他の場合はどうか?」と〇〇官が一番に言います。

 

これは公務員独特でしょうか?インターネットマーケティングもそう。アメリカ人の本が溢れています。

その本を大事にして「真似」をする日本には、疑問を持ちます。

 

大企業の採用姿勢も前例踏襲?

変われないから、未だに「人材」を探しているのです。

教育を施すといった考えはどうして湧いてこないのか・・・。

だから「新入社員の新型うつ」ということになるのではないでしょうか。

 

今後の提言

疑問を提する場合に対案がないと愚の骨頂です。 

以前の日本国では、

  • 行儀は、家庭

  • 仕事は、匠

と分かれていました。そのイメージで「仕事に向かうこころ」を作り、その上に業務指導をやり業績を挙げられる「人の資産」を確保しましょう。テーマは、「感情コントロールできる企業人の養成」サブテーマは次のとおり4つです。

  1. 感情論ではなく、前例踏襲でもなく真似でもない、今、ここでの客観的事実を捉えるマインドフルネス(現実認識)の力を養成。

  2. 個々に求める幸せが違うことから、自分の追い求める幸せを確認させて「やる気、根気、継続力」の根拠を掴む。

  3. 自分の未来到達地点を認識した場合、目的意識が常時スタンバイしているから有効な情報はキャッチできる意識の環境整備。

  4. 人は、悩むから、不安になるからスピードダウンするもの。悩む、不安になる行為そのものを解消。

この4つのサブテーマの記事は、次の予定で提言発信をします。

  1. 【新採用教育方法】マインドフルネス(現実認識)の力を養成

  2. 新採用者が仕事をする理由もわかり、命を粗末にしない3つの方法

  3. 新採用者の「やらされ感」とは正反対の高い意識のキープ方法

  4. 自分の悩み・不安をオペラント条件付けをして解消する方法

  5. 予備(補足)

トップ画像引用元:Nicolai Berntsen, Unsplash

 

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

あなたにオススメの記事

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No3

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No2

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No1

愉快な人生を生きるにはNo3

愉快な人生を生きるにはNo2

愉快な人生を生きるにはNo1

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.3

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.2

1/4
Please reload

言葉のアーチスト:ジョージさん

 

行政書士、警備業などの2つの国家資格取得。

 

特捜捜査官として30年間のべ5300人以上の人生再生に携わりの経験。 

「相手の使う言葉から、こころにある「何か」を察知」して、ナチュラルに質問スキルを活用してこころの明確化、寄り添いを提供。

エビデンスは、年間300冊ペースの読書(ランダム読書)で、情報編集力を毎日上書きしています。

お問い合わせ・お申し込み