成功者が、「自分らしく」生きられるわけ

2017/03/11

みんな一緒の呪縛

「自分らしく」って憧れますか?案外「自分らしく」のイメージが持てていないでしょうか。

情報氾濫の時代です。個性豊かに生きたいものですね。でも、人間は、群れで生きる生き物です。

仕込まれたプログラムの中で、「みんなと一緒」がありますから、周りと一緒だったら落ち着くのです。

だから「自分らしく」が、遠くにある幻想みたいに感じるのです。

 

1マインドフルネス(現実認識)

人間は、思い込みと勘違いをする生き物です。この「思い込み」を排除し、その向こうに「自分らしく」が待っています。

どうするのか?キーワードは「今、ここでは」です。

 

解説します。

今は、今まで生きてきた過去でもないのです。今までのあった事は、今は、ありません。例えば、

*「12月24日は雪が降る、去年もその前も降ったから・・・」だから、今度の12月24日は雪が降る!

では、未来とも違い今は今です。例えば、

*「明日は、雨が降るから傘が必要だぞ・・」濡れて風邪をひくから心配だ!

とわからない未来の事を今現在に持ってきている思考です。

 

「そんな事わかるもんか!」と思ったあなたは、マインドフルネス(現実認識)ができている状態です。

 

このように今、居る場所で起きている事が事実です。「思い込み」や「勘違い」は、あなたが勝手に、あなたの中で勝手に生んでいるものです。現実を認識できたらあなたは次のことをやりましょう。

 

2自分が何をするか

一言、「腹をくくる」のです。

 

先ほども触れましたが、人間は、「みんな一緒」が落ち着います。

動物と違うのは感情で生きていることで、「みんながやっているから」という理由が立ちます。

物の販売現場ではこの原則がいっぱい使われています。

あなたも経験あると思います。

 

このプログラムを脱皮してみんなはカンケイナイとなれるかなれないかがポイントです。

だから「腹をくくる」のです。ものすごく勇気が必要と考えます。

私は、幸運にも身体障害者に無理やりならされたことから、「みんなと違う」世界を生きていますから「腹をくくる」行為はパスでした(^o^)v。

 

「自分らしく」とは

もうあなたは気づかれていますね。

「自分らしく」とは、周りの人の評価や見る目に無関心になることです。

あなたは心の中で「え〜でも・・」って思ったでしょうか。世の中の仕組みは「みんなが違うから成り立っている」のです。

矛盾を感じますか?

 

例えば、株の世界では、売主がいるから買主が株を買えるのです。これを逆に捉えると株価が上がります。すると「もう下がるな、今が天井だ」と利益確定のため買主が売るのです。

もう上がらないと思った時に、別の人が買うから売れるのです。

人は、みんな違います。だから資本主義社会が成り立っているのです。

 

みんなと一緒は、安心しますが、それだけでしょう。あなたの人生です。

安心安全を大切にするか、自分の個性を大事にするかでしょうか。

自分らしくは、他人の目を排除することです。

 

なぜ効果あるのか?

私は、「自由人」という言葉を使います。この言葉は映画ルパン三世の中で出てきたものです。社会の枠は大切にします。

でも、自分の枠(意地、こだわり、コリ、プライド)はどっちでも良いと思います。

「自分らしく」の効果は、次の2点と考えます。

  1. 自分をイジメない

  2. 自分を生き辛くないようにする

想定する効果

悩む事が減るし、ストレスも減る効果があると思っています。

 

おわりに

物事は、メリットがあれば、デメリットも存在します。株投資をやられる方はご経験あると思いますが、自分の欲の自己管理はキツイですよね。この「自己管理」というものも「自分らしく」にセットで存在するものです。

この「自己管理」は、例えばダイエットを続ける、禁煙を続ける場合に「続けるのなら自己管理が必要」です。

キツさが伝わったでしょうか。

 

関係記事ご紹介

ランキングがお好き?自己否定の元凶

 

トップ画像引用元:Melissa Askew, Unsplash

 

 

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

あなたにオススメの記事

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No3

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No2

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No1

愉快な人生を生きるにはNo3

愉快な人生を生きるにはNo2

愉快な人生を生きるにはNo1

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.3

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.2

1/4
Please reload

言葉のアーチスト:ジョージさん

 

行政書士、警備業などの2つの国家資格取得。

 

特捜捜査官として30年間のべ5300人以上の人生再生に携わりの経験。 

「相手の使う言葉から、こころにある「何か」を察知」して、ナチュラルに質問スキルを活用してこころの明確化、寄り添いを提供。

エビデンスは、年間300冊ペースの読書(ランダム読書)で、情報編集力を毎日上書きしています。

お問い合わせ・お申し込み