【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No1

2019/09/10

 

『子供たちは楽しむ未来のため、今を一生懸命に生きる』いまの小学生たちのラッキー事情は情報社会になったから未来がわかる時代になった。小学生の未来予想図とは想像してみてください理想の未来感を自分らしく熱中できる理想の未来の準備のため今を一生懸命に生きよう。

 

 

小学生たちのラッキー事情

いまの情報社会の小学生は、ラッキーだね。小学生たちは大人になるまでの時間があるから。一方で大人たちは死に向かっているし、時間がありません。

 

いま、情報社会になっているので未来がわかるようになってきました。ということは自分の未来予想図を描ける時代になっています。「未来はわからん」!ということは過去の話です。

 

いまの小学生は大人になるまでには10年くらいの時間があります。専門職になる準備期間の時間を持っているということになりますね。時間を持っていることはラッキーですよね。だから、小学生たちは自分の理想の未来予想図を描いて理想の未来を生きるため、いまを一生懸命に生きる事を選べる特権があるのです。

 

 

小学生の未来予想図とは

『未来予想図』とは一言でいうなれば「自分らしく熱中して生きる自分だけの生き方」です。この生き方はどこに行って探しても見つけられない。どんなにお金を出しても買えない。自分の無意識領域に刻まれた、自分専用の未来予想図です。

 

 

想像してみてください

朝、起きたらその日の予定がスケジュール表に書き込んでいる。深煎りコーヒーの苦味に始動している自分を感じて、ゆっくりとモーニングを口の中いっぱいにほおばったあと、「さて!今日もやろうか」!と自分のエンジンキーを回して、自分のアクセルを踏む。

 

そして、ランチタイムまで高速道路を走るように周りの他人はカンケイナイ世界に入り込みます。

(注意:予定がないことは、することがない、誰にも必要とされない自分の無価値状態の事で生きる苦しみの一種)

 

自分が熱中して没頭した時間の流れです。フロー状態になりぶっ飛んでいる時間を生きます。ランチタイムには、心地よい疲れを感じられるね。この疲労感は自己肯定感を呼び出してくるから心地よい。

 

熱中して没頭して生む出した成果物が目の前に生まれているのです。自分の生きている実感は、自分の承認感が格別の満足感と変わり、他人の評価なんかは、低俗なもので浮かび上がってくる余地もありません。

 

 

理想の未来感

どうすればこのように生きられるのか?

一言で表現したら「自分を知ることが第一歩」だろう。

  1. 自分らしさがキープできる事

  2. 自分が熱中できる事

  3. 自分がやれる事

の三点を自分探しで見つけよう。無意識領域から引っ張り出して表面化の必要があります。

 

『子供たちは楽しむ未来のため、今を一生懸命に生きる』 方法論は次の記事に任せます。

人の思考のシステムは3つの記憶が根っこ』

1  2  3

トップ画像引用元:douglinstedt, Unsplash

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

あなたにオススメの記事

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No3

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No2

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No1

愉快な人生を生きるにはNo3

愉快な人生を生きるにはNo2

愉快な人生を生きるにはNo1

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.3

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.2

1/4
Please reload

言葉のアーチスト:ジョージさん

 

行政書士、警備業などの2つの国家資格取得。

 

特捜捜査官として30年間のべ5300人以上の人生再生に携わりの経験。 

「相手の使う言葉から、こころにある「何か」を察知」して、ナチュラルに質問スキルを活用してこころの明確化、寄り添いを提供。

エビデンスは、年間300冊ペースの読書(ランダム読書)で、情報編集力を毎日上書きしています。

お問い合わせ・お申し込み