努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.3

2019/08/28

 

「なんとなく生きる事」は思考停止。思考停止で生きる事は、感情論のみで生きる。その結果は、生きづらさを抱えて生きる事につながります。それでは生きる理由・意味合いが無くなって、生きる苦しみを背負う事に繋がります。

 

『努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.1

 

今回のコーチング記事は、最終コーナーを曲がりました。自分らしく生きなおす道案内は最終ヒントを贈ります。

 

 

感情論と思考停止と奴隷の関係
共感などの感情論は、奴隷を作る方向の理論です。なぜなら、奴隷は思考停止で生きられるから。

 

そもそも、感情論は思考停止のはじまりです。感情で生きるなら思うとか考えるとかいらないでしょう。

 

キレる、悲しい、認められたなど一瞬の感情を素に生きる人ですから。現実の事実などはカンケイナイ人でしょう。

 

 

自分ができる事
奴隷になりたくなかったら、めんどくさがらず思考停止を解いて、自分の思考を再始動しましょう。

 

 

ネットの中の陰謀論
ネットの不確実な陰謀論をご紹介します。陰謀論で "3S理論" という理論があります。この理論は、スクリーン・スポーツ・セックスの三つのS(エス)で、大衆を愚民に仕立てて搾取する理論です。この理論は思考を働かせるヒントでしょう。

 

 

解説しますと、

  • テレビなどのスクリーンで娯楽番組を垂れ流せば頭を使わない人が増える

  • スポーツ観戦で日々のストレスを抜き社会の不満や不平などを解消する

  • 性欲の欲望を満たせば、他の欲望も出ない

の意味です。目的は、人の感情を刺激し、感情的にする。人の欲望を満たすことで、人は思考を使わない人間になり、愚民をたくさん作って搾取を容易くする理論です。

 

 

 

3S理論の未来予想図
めんどくさがって、頭を使わないと奴隷に行き着きます。いま、非正規雇用者、ルーティン作業者が搾取されていますが、この "3S理論" で深読みするとイメージが湧きませんか?

 

今のままで時代が進むと、未来は愚民だらけになりますね。貧富の差がドンドン開いて行くように見えます。

 

この理論は不確実な陰謀論ではありますが、人の生きづらさを表面化したヒントでしょう。

 

 

人の思考の裏側
共感する事は、背面には排除があります。同志を集めるには手っ取り早い方法です。

 

でも、人は常に比較をする生き物です。共感で集まった同志の中でも排除は続くのです。

 

なぜならば、それが哺乳類のヒトとして "強いタネを残す" ことに繋がりますから。

 

共感の裏側は、排除の理論に気づくキッカケになりませんか? 

 

 

 

自分らしく生きる未来予想図を描く方法
モヤモヤしたときには自己完結します。自己完結するには事実を調べるのです。

 

感情論で生きたくなかったら物知りになろう。物知りに変われたら自分の知識が、色々な情報や色々な知識を引き寄せます。


物知りに変われたら、みんなの知恵袋となるでしょう。同時にあなたは、必要とされる価値を持った人に生きなおす事ができます。 

 


メインメッセージ
『好き嫌いで共感し、良し悪しと区別しない』 


自分が根拠をさがす人に移行します。事実をまず理解する人にレベルアップします。

 

なぜならば、共感の裏側を知ったから。人は知ったら変わる理由が湧いてきます。


ただ知る事でいいのです。『変わる理由』が大切です。

 

報われる努力というのは、 "知る努力" です。この努力は強いし、価値も高いのです。 

 

以上、自分らしく生きなおす方法として、面倒だけど "知る事" をお勧めします。

 

 

 

【参考図書】
=すべては「好き嫌い」から始まる 仕事を自由にする思考法=

 

楠木 建さん、一橋ビジネススクール国際企業戦略専攻教授(競争戦略専攻)が著作の『すべては「好き嫌い」から始まる 仕事を自由にする思考法』を拝読しました。

 

人のメンタル(思考)を取り扱う当メンタルカフェにとってパンドラの箱でした。


人が判断するときは、自分の良し悪しの基準でします。もう少し深く見てみると良し悪しの根っこは人の勝手な好き嫌い。

 

そもそも、人が判断するときは判断材料が必要です。検討をするときには検討材料がなければ、考えられないのです。

 

この判断材料、検討材料はどこにあるのかわかりますか?それは "自分の記憶" の中です。

 

 

人の記憶とは(おまけ)

人の記憶は、経験記憶と知識記憶、方法記憶の三種類のデータベースによって記録されているそうです。

 

  1. 経験記憶は、自分が生まれてから経験した事の記録。

  2. 知識記憶は、学んだ内容の記録。

  3. 方法記憶は、やり方を知っている事の言葉にできない方法の記録です。

 

自転車の乗り方を文字で表すとしたらムリ。この記憶が方法記憶です。

 

人は、自分の記憶を根っこにしています。知っている事、経験した事を好き嫌いで区別しているのです。

 

つまりは、知っている事、経験している事の量的な課題が根っこにはあります。

 

自分が、少ないながらも経験した事から好き嫌いを区別するのです。共感できるとかできないとかは、この三つの記憶によって区別されています。

 

 

考察:最近の日韓の問題
歴史問題から経済問題へと進んできました。そして防衛問題へと発展しています。韓国は、感情的です。一方、日本は理性的です。

 

韓国の世論は共感性、排除性が見えてきます。日本はデモなどは起きません。問題の課題は、感情的に突き進むと損します。

 

共感を求めず、理性をキープできますし、思考を働かせる方がお得でしょうね。

 

 

1 2  3 

 

トップ画像引用元:v_well, Unsplash


Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

あなたにオススメの記事

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No3

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No2

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No1

愉快な人生を生きるにはNo3

愉快な人生を生きるにはNo2

愉快な人生を生きるにはNo1

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.3

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.2

1/4
Please reload

言葉のアーチスト:ジョージさん

 

行政書士、警備業などの2つの国家資格取得。

 

特捜捜査官として30年間のべ5300人以上の人生再生に携わりの経験。 

「相手の使う言葉から、こころにある「何か」を察知」して、ナチュラルに質問スキルを活用してこころの明確化、寄り添いを提供。

エビデンスは、年間300冊ペースの読書(ランダム読書)で、情報編集力を毎日上書きしています。

お問い合わせ・お申し込み