生きづらい反芻思考を今の韓国国民から反面教師2

2019/08/20

 

生きづらくないメンタル(思考)
『共感ビジネス』が流行っている今だからこそ、人は感情で生きる事はやめて、事実を大切にしながら理性で生きましょう。その方が生きづらくなく、お得感があります。そのために次の三つの言葉(反芻思考、人は変わらない、自己完結と事実認識)を贈ります。

 

『生きづらい反芻思考の韓国の目指すメンタルコントロール』へ戻る

 

(注)
この記事のテーマは、嫌韓国の記事ではなく、人のメンタルコントロールをテーマにした記事です。ただ単に、いま韓国の人々のメンタル(思考)が教材に適していますから。

 


1、反芻思考
この "反芻思考" を一言で表すなら、「自分が納得できない事を自分の中で出したり引っ込めたりするグジグジしたメンタル(思考)」という意味合いです。

 

たとえば、 ”仕返しとか復讐とかの思考” は、自分の中で納得できない事を何回も何回も考えたり、思ったりしている状態のマイナス思考で重暗いこころの中の話です。

 

 "仕返し、復讐" は自分のなかで、 "自己完結" する方がお得です。根拠のない拘りや凝りを前提として設置しているから納得できない漂うゾンビのようなメンタル(思考)です。

 

自分の根拠の無い拘りや凝り思考は、元々は自分の勝手な思い込みから、勝手に勘違いを生んでいます。

 

このように、文字で表したら惨めですよね。結局自分が自分をイジメているのです。このメンタル(思考)は損です。早く抜け出ましょう。抜け出られたらお得です。

 


2、人は変わらない
つぎに、人は変わらないに移ります。そもそも人はチェンジできないのです。防衛本能が備わっていますから。地球上の生き物はみんな防衛本能によって子孫繁栄をはたしています。

 

生き物は「怖い」という思考は重要な思考です。この「怖い」という言葉の前後に「〇〇すると」いう言葉がきます。


たとえば、「失敗が怖いから前のとおりやる」、「ここを離れる事が怖いから移動しない」と防衛本能が働くようになるわけです。

 

人の恐怖感は人を凍らせる働きがあります。一歩でも動く事に恐怖感を抱きます。

 

人は、恐怖感からチェンジできないのです。でも、この恐怖感に勝つ "変わる理由" があると意識してチェンジしようとします。

 

この変わる理由の一番手っ取り早い事が "事実認識" です。

 

この事実認識は、根拠となります。自分のなかにある根拠の無い拘りや凝りを蹴散らせてくれます。

 


3、自己完結と事実認識
途中で出てきました "自己完結" とは、諦める事です。でも、日本ではこの "諦める" という言葉はマイナスイメージが強いから好んで使う言葉ではありません。

 

でも、人の進化は、破壊から新しい進化が生まれると言われています。

 

だから、諦める事は、未来へジャンプするための捨てる行為と捉えてはいかがでしょうか。そのための言葉もあります。「仕方ない」です。

 

この言葉の裏側には自分の拘りや凝りを捨てる行為です。「仕方ない」っと声に出してみると軽くなった自分がいます。背中に背負っていた思考を下ろして軽くなった自分を感じてみましょう。

 

この軽くなった自分に出会うためには、「事実認識」が手っ取り早いし楽です。世の中の事実は人の感情に打ち勝つものです。

 

自分の劣等感や優越感、肯定感や承認欲感の感情を蹴散らせてくれます。事実認識は、感情ではなく理性的に生きる事につながりますね。

 

この事実認識は、素直に「仕方ない」の言葉を吐きだしてくれます。この事実認識はお友達になっておいたらお得ですね。

 

韓国の人も感情を捨てて事実認識になって生きる事ができれば、生きづらさが解消しますよ。


因みに事実認識は、 "好き嫌い" の思考に行き着くと危険です。人の好き嫌いは、 "事の善悪" に自動で移りますから。人の好き嫌いは、事実認識には邪魔ですし、ゼッタイに行き着かないでくださいね。

 


効果予想
ワクワク未来予測図がキャッチ可能でしょう。生きづらくないメンタル(思考)をキープして軽く静かなメンタル(思考)で暮らせます。

 

人の妄想(根拠のない思い込みや勘違い)に悩む事なく、不安に襲われる事もないし、ストレスもカンケイナイ人生を生きられると思います。


ワクワク未来予測図の方法論
情報社会になって『共感ビジネス』が流行っているこの頃は、なぜか生きづらい生き方をしている人が多いと思います。生きづらさは損でしょう。自分を可愛がり、自分らしく生きる事が得でしょう。ご自身の生きづらさに気づいてはいかがでしょうか?


そのためには、知ってください。知る努力として読書を勧めます。でも、読書はめんどくさいからしないかな???

 

「ユーチューブの動画なら見えるのですが……」かな。動画の方が楽ですよね。でもユーチューブ動画は、一方通行です。

 

問題意識を高めた上で動画もいいと思いますが、情報リテラシーが高くないと偏って進むリスクが高いでしょう。


その点で、人との会話は、双方通行です。質問もできるし、素直にもなれる。手っ取り早いし楽です。

 

『暗闇行きの反芻思考は重い。人は変わらないけど、自己完結と事実認識で変われる 』へ
 

 

1 2 3

 

 

 

トップ画像引用元:tbshg, Unsplash

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

あなたにオススメの記事

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No3

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No2

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No1

愉快な人生を生きるにはNo3

愉快な人生を生きるにはNo2

愉快な人生を生きるにはNo1

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.3

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.2

1/4
Please reload

言葉のアーチスト:ジョージさん

 

行政書士、警備業などの2つの国家資格取得。

 

特捜捜査官として30年間のべ5300人以上の人生再生に携わりの経験。 

「相手の使う言葉から、こころにある「何か」を察知」して、ナチュラルに質問スキルを活用してこころの明確化、寄り添いを提供。

エビデンスは、年間300冊ペースの読書(ランダム読書)で、情報編集力を毎日上書きしています。

お問い合わせ・お申し込み