子育て支援3:気楽な子育てイメージ

2019/08/08

 

子育てメンタルのイメージ
時々、「子供は社会が育てる」!っと言葉に出して言うのです。

 

なぜなら、RS理論(引き寄せ理論)が起動します。この理論は無意識領域の中の情報をキャッチする能力など高める事です。

 

たとえば、新車に買い換える計画があったとします。気にになる車種が異様に目に飛び込んで来る経験をされていませんか?

 

つまり、自分の横を通り過ぎていく情報をキャッチできる能力です。

 

「子供は社会が育てる」と言い始めると子供の成長が感じられて、嬉しい気持ちを感じる事ができます。

 

ついでに安心感・信頼感が舞い込んできますよ。

 


子育て成功実例
母子家庭でトンデモナイ男の子二人を育てたお母さんが、いつも「子供は社会が育ててくれた。

 

私一人では、あのトンデモナイ男の子を育てる事はできなかっただろう」っと、いつも話すバツイチのお母さん。

 

いま現在、兄は医師を目指す学生さん、弟は海外留学後、学生起業して大学生事業家です。

 

このお母さんは、ちっちゃくて、 信頼感がデッカイ"太っ腹なお母さん" です。 

 


子育て中の現役の親は
もう、社会は情報が溢れています。知ってる権威も、親という立場の権威も無くなってきた社会です。

 

子育て中の現役の親をしている方は、肩の力を抜いて責任論を捨てて身軽になっては。

 

子供には関心を持ち、安心感を与えて寄り添うだけでいいでしょう。

 

大丈夫です。子供の "好奇心" を大切にすれば、子供は自らの力でグングン成長します。

 

見守りだけで、手を出さず信じてあげてみましょう。

 

 

  

 


トップ画像引用元:zoncoll, Unsplash

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

あなたにオススメの記事

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No3

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No2

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No1

愉快な人生を生きるにはNo3

愉快な人生を生きるにはNo2

愉快な人生を生きるにはNo1

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.3

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.2

1/4
Please reload

言葉のアーチスト:ジョージさん

 

行政書士、警備業などの2つの国家資格取得。

 

特捜捜査官として30年間のべ5300人以上の人生再生に携わりの経験。 

「相手の使う言葉から、こころにある「何か」を察知」して、ナチュラルに質問スキルを活用してこころの明確化、寄り添いを提供。

エビデンスは、年間300冊ペースの読書(ランダム読書)で、情報編集力を毎日上書きしています。

お問い合わせ・お申し込み