一生懸命: 人を大切にするヒントNO62

2018/08/29

人のモチベーションが生まれるには

 

外からくるのか?降ってくるのか?

 

「こころ」がワクワクすると湧いてくる

 

 

=一生懸命: 人を大切にするヒントNO62=

 

 

 

人のモチベーションは、

  • 外発的動機

  • 内発的動機

があると言われています。

 

最も高まるのは、外部から報酬を与えられた時ではないく、内側から湧いてくる興味や楽しさを感じる時の「内発的動機」です。

お金などの報酬のインセンティブ、信賞必罰などの評価があるからその行為をするのではありません。

 

その行為をすること自体がこころの報酬になっている時にモチベーションが高まるということです。

こうした内から湧いてくる人の動機を「内発的動機」と言います。

 

それに対して、アメとムチといった外部からの報酬のことを「外発的動機」と言います。


人が高いパフォーマンスを発揮できるのは、「内発的動機」がうまく発動された時です。


いまだに、監督などのリーダーは「アメとムチ」で安易に人を動かそうとしているのです。


「アメとムチ」は思考停止でもできるし、即効性があるから。

 

でも、人に言われてやるより自分の意志や考えで動くほうが、一生懸命になれるものです。

 

------コーチング根拠-------


人を大切にするヒントのネタ加工は、年間300冊の読書です。

本の著者300名様の脳と繋がっており、情報編集力を鍛えています。多くの思考が繋がっています。

 

その上で、「人をを大切にする」ための言葉を発信しています。

PS:毎日が熱中できて楽しいです。

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

あなたにオススメの記事

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No3

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No2

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No1

愉快な人生を生きるにはNo3

愉快な人生を生きるにはNo2

愉快な人生を生きるにはNo1

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.3

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.2

1/4
Please reload

言葉のアーチスト:ジョージさん

 

行政書士、警備業などの2つの国家資格取得。

 

特捜捜査官として30年間のべ5300人以上の人生再生に携わりの経験。 

「相手の使う言葉から、こころにある「何か」を察知」して、ナチュラルに質問スキルを活用してこころの明確化、寄り添いを提供。

エビデンスは、年間300冊ペースの読書(ランダム読書)で、情報編集力を毎日上書きしています。

お問い合わせ・お申し込み