なんとなく生きる: 人を大切にするヒントNO50

2018/08/17

「なんとなく生きる」リスク 

 

気づいているでしょうか?

 

「今まで」が全く通じないリスクよ

 

 

 

=なんとなく生きる: 人を大切にするヒントNO50=

 

 

今、団塊世代のシニアが生活苦を抱えて苦しんでいます。「バブル経済」から何となく生きてこられた先輩です。

 

今、ゆとり世代の若者がどうやっていきるのかわからなくなっています。この若者の親は、新人類世代と言われていた方が多いです。何も考えず昭和の生き方をしている何となく生きる方とその子供達です。

 

何となく生きることは、「前例踏襲主義」であり、パラダイムシフトの今では、変化に対応できず、取り残される人々です。

 

国の福祉は税金です。働く人が減少すれば当然減ってきます。福祉は限りがありますね。

 

生きづらさを抱えることが、「何となく生きる」の最大リスクです。

 

当ワークメンタルカフェにも常連さんも来ます。

 

生きづらさを抱えた人々です。

 

 

------コーチング根拠-------


人を大切にするヒントのネタ加工は、年間300冊の読書です。

本の著者300名様の脳と繋がっており、情報編集力を鍛えています。多くの思考が繋がっています。

 

その上で、「人をを大切にする」ための言葉を発信しています。

PS:毎日が熱中できて楽しいです。

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

あなたにオススメの記事

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No3

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No2

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No1

愉快な人生を生きるにはNo3

愉快な人生を生きるにはNo2

愉快な人生を生きるにはNo1

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.3

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.2

1/4
Please reload

言葉のアーチスト:ジョージさん

 

行政書士、警備業などの2つの国家資格取得。

 

特捜捜査官として30年間のべ5300人以上の人生再生に携わりの経験。 

「相手の使う言葉から、こころにある「何か」を察知」して、ナチュラルに質問スキルを活用してこころの明確化、寄り添いを提供。

エビデンスは、年間300冊ペースの読書(ランダム読書)で、情報編集力を毎日上書きしています。

お問い合わせ・お申し込み