つながりすぎた社会: 人を大切にするヒントNO49

2018/08/16

繋がり過ぎると面倒くさい

 

でも 繋がらなかったら不安

 

妄想に支配されないように

 

 

=つながりすぎた社会: 人を大切にするヒントNO49=

 

 

情報革命が進んでいる現在、人はどのようにして生きたらいいのかわからなくなってきています。

 

なぜなら、情報社会は未経験だから。

 

繋がり過ぎると人は離れていきます。 

 

なぜなら、それがナチュラルだから。

  • ウザイ!

  • うっとうしい!

という言葉は、人が繋がり過ぎると共に目立ってきたのです。

 

人の貴重な時間を邪魔しに来る人ががいます。

 

だから、自分のメンタルコントロールが必須の社会ができました。

 

 

------コーチング根拠-------


人を大切にするヒントのネタ加工は、年間300冊の読書です。

本の著者300名様の脳と繋がっており、情報編集力を鍛えています。多くの思考が繋がっています。

 

その上で、「人をを大切にする」ための言葉を発信しています。

PS:毎日が熱中できて楽しいです。

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

あなたにオススメの記事

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No3

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No2

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No1

愉快な人生を生きるにはNo3

愉快な人生を生きるにはNo2

愉快な人生を生きるにはNo1

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.3

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.2

1/4
Please reload

言葉のアーチスト:ジョージさん

 

行政書士、警備業などの2つの国家資格取得。

 

特捜捜査官として30年間のべ5300人以上の人生再生に携わりの経験。 

「相手の使う言葉から、こころにある「何か」を察知」して、ナチュラルに質問スキルを活用してこころの明確化、寄り添いを提供。

エビデンスは、年間300冊ペースの読書(ランダム読書)で、情報編集力を毎日上書きしています。

お問い合わせ・お申し込み