フラットな人間関係:人を大切にするメッセージNO23

2018/07/22


いまの社会の中で 「上の人」となる人がいますよね。

 

上下はゼッタイでしょうか?

 

人間は協力して何かを成し遂げるという目的のために集まって群になります。

 

一人ではできないことをやるために集団になります。

 

ところが、社会には、 

  • 上から目線

  • 命令

  • 強要

といったことが多いのです。 

 

人間は協力して生きる生き物ですから、協力は上下関係ではなく、フラットな関係が最良でしょう。



=人を大切にするメッセージNO23=
 

親、年齢、順番、役割、上手下手など上下関係はどこにでもあります。

 

社会、職場、学校、仲間など人の集まるところなら場面は多々です。

 

 

そもそも、地球上での人間は弱い生き物です。子孫を残すため集団になりました。

 

食べるものひとつ取っても一人では満足に得られないのです。

 

現代の人間の代表的なものは、家庭、学校、職場でしょう。

 

その人が集まる場所では必ず上下関係ができます。ここでは、指示、命令が飛び交います。

 

 

よく考えてみてください。

人が集まって群を作る行為は何のためだったか?「一人ではできないこことをやるため」でしょう。

 

これは「協力する」ということが必須であり、人間関係は上下ではなくフラットを求められています。

 

上から目線ではなく、協力するためのフラットな関係を築きましょう。



------コーチング根拠-------
人を大切にするショートメッセージの素は、年間300冊の読書です。

本の著者300名様の脳と繋がっており、多くの思考が繋がりひとを大切にするための言葉を発信しています。

PS:毎日が熱中できて楽しいです。

 

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

あなたにオススメの記事

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No3

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No2

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No1

愉快な人生を生きるにはNo3

愉快な人生を生きるにはNo2

愉快な人生を生きるにはNo1

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.3

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.2

1/4
Please reload

言葉のアーチスト:ジョージさん

 

行政書士、警備業などの2つの国家資格取得。

 

特捜捜査官として30年間のべ5300人以上の人生再生に携わりの経験。 

「相手の使う言葉から、こころにある「何か」を察知」して、ナチュラルに質問スキルを活用してこころの明確化、寄り添いを提供。

エビデンスは、年間300冊ペースの読書(ランダム読書)で、情報編集力を毎日上書きしています。

お問い合わせ・お申し込み