職場では思ったことが話せない

2018/03/12

 

職場が衰退しているのはなぜ?

 

それは職場の話せない雰囲気の課題。

 

職場の組織は、企画運営側と現場側がありますよね。経営者は、「やらせる」か「やってもらう」かのどちらかでしょう。

 

ここの課題は「現場で働く人が成果をあげる」コトです。「絵に描いた餅」では組織が消滅します。

 

では、職場が衰退しているのは何が起きているのでしょうか。

 

 

職場では何が起きているのか

 

現場での成果が上がってこないコトが起きているのです。

 

これは、現場で働いている人の働く理由が希薄になり、「やる気」が減少している現象でしょう。

 

人は、行為をするときには、「やる理由」が必要です。つまりは「働く理由」が必要です。

 

以前はモチベーション2.0の「アメとムチ」で信賞必罰でした。

 

今はモチベーション3.0の自分の気持ちの「自分らしい」「やりがい・楽しさ」が理由となってきています。「社畜」という言葉まで生まれてきています。

 

 

職場では何が起きているのかと言うと、現場のモチベーションが落ち、「やる気」が裏側に隠れた状態です。

 

人は「めんどくさい」ことが嫌いです。この「めんどくさい」は、思考停止を呼び込みます。

 

よって現場では「やらされ感」が蔓延していると予測することができるでしょう。

 

最悪は、働く人が現場離脱することですね。

 

 

経営者の対策案

 

「経営者は尊敬されているが軽い人」

 

イメージは、アニメ「ルパン三世」のやるときにはやる! 不二子ちゃんの前では軽い人懐っこさイメージですね。

 

 

このイメージは、経営者が職場の誰もが話しかけやすい雰囲気を持って職場の中で歩くのです。

 

昭和のボス、家の大黒柱のイメージは、「話しかけやすい雰囲気」の真逆です。

 

モチベーション3.0になった社会では、重鎮さは無用でしょう。なぜならば、働く人は、「自分の気持ち」をエネルギーにして生きていますから。

 

 

さて、どうすれば良いのか?

一言で表現すれば「尊敬と軽さを一緒に」

 

  • 尊敬は、深い知識で獲得できます。

  • 軽さとは、「誰からもなんでも話しかけられる雰囲気」です。

 

この軽さは、「無条件の肯定」というカール・ロジャーズが提唱したカウンセリングの心得です。人はそれぞれ違いますから、まずは受容する意識です。

 

「エッ!」、「違う!」と思ってもまずは受容するのです。否定から入ったり、疑問から入ったりすることなく受容する姿勢が、「話しかけやすい雰囲気」です。

 

課題は「現場で働く人が成果をあげる」コトですから。

 

「誰からもなんでも話しかけられる雰囲気」の効果

 

狙いは、「歯車の部品」ということの排除です。それと「利用する」の撤去です。

 

今の社会は情報社会です。職場で働く人は、「搾取」という言葉も意味も知っています。

 

特に今の若者は「パシリ」になるのは絶対にイヤですから、「利用される」ことに敏感です。

 

なぜならば、子供時代は「イジメ」世界をリアルに通ってきた世代です。身近にイジメられ「パシリ」されられた同級生を見ています。大人たちの感覚とは乖離しています。

 

ですから、「利用されることはイヤ」なのです。この感情をコントロールできるのは経営者の言葉です。仲間意識の醸成をもたらす効果です。

 

 

おわりに

 

なぜ当該記事は、

「人を助けるすんごい仕組み」

著者「構造構成主義に基づく組織行動(組織心理学)」研究者 西條 剛央

を読んで学びました。お薦めの良書です。

 

トップ画像引用元:rawpixel.comFollowMessage, Unsplash

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

あなたにオススメの記事

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No3

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No2

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No1

愉快な人生を生きるにはNo3

愉快な人生を生きるにはNo2

愉快な人生を生きるにはNo1

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.3

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.2

1/4
Please reload

言葉のアーチスト:ジョージさん

 

行政書士、警備業などの2つの国家資格取得。

 

特捜捜査官として30年間のべ5300人以上の人生再生に携わりの経験。 

「相手の使う言葉から、こころにある「何か」を察知」して、ナチュラルに質問スキルを活用してこころの明確化、寄り添いを提供。

エビデンスは、年間300冊ペースの読書(ランダム読書)で、情報編集力を毎日上書きしています。

お問い合わせ・お申し込み