【キレる日本】人の怒りの4つのお得情報

2018/01/17

 

 

人間100年時代の体の基本

人は、他の生き物と違って「感情」が進化してきました。本能よりも重要な「人の感情」は、人間の都合による結婚ルールもできています。だって本能に従い、誰と子孫を残しても良いでしょう・・・。

 

人の感情は、「笑い」と「怒り」に大別できます。この二点をおさえておけば、100年時代を生きることができると言っても過言ではないと思います。

 

 

人の「笑い」とは

一言で表現すれば、「健康の道先案内人」です。免疫力が上がるという医学的報告も存在します。また、細胞の新陳代謝を促す遺伝子も活性化するという報告もあります。

 

ですから、意識的に笑える思考を持ちましょう。これは、「否定から入るのではない」ことを常々意識することだけで笑いのポイントが多くなります。

 

 

人の「怒り」とは

一言で表現すれば、「疾患の製造機」です。

 

なぜなら、脳快楽神経伝達物質「ドーパミン」、幸せホルモン「セロトニン」と、真逆のストレスホルモン「コルチゾール」などが分泌され、心臓に負担をかけるため、「心筋梗塞」、「脳梗塞」など、循環器系の病気になりやすい疫学調査も存在します。

 

 

人の怒りの4つのお得情報

あなたの周りの人たちに「いつも怒っている人」がいませんか?そんな人たちのメンタルコントロール方法です。

 

人は、知らないからむちゃくちゃをするのです。知れば以前とは違う行動です。あなたの「知っていただくという思考」であなたのいる環境が変わります。

 

 

1、心臓発作を起こすリスク

「極端に強い怒り」を感じてから2時間以内に心臓発作を起こすリスクは、通常時より 8.5倍も高かった(2015年の欧州心臓病学会の研究発表より)。

 

 

2、疾患発病のリスク

怒りは心臓への負担だけでなく、不眠症、過食、糖尿病を引き起こす一つの原因になる可能性も指摘されている。

 

 

3、怒りは幸福感と同じ「接近願望」

以前は、怒りと恐怖、悲しみが同列のネガティブ感情と思われていたが、研究が進み心理的には、怒りは幸福感と同じで、接近願望が最近の学会の考え方。

 

 

4、感情と生理的な反応は密接

さまざまな感情と生理的な反応は密接につながっているという研究も進んでおり、例えば、温かいコーヒーカップを持った後は、態度も寛容になると言われている。これは、デンマークの幸せ文化「ヒュッゲ」につながると考えます。

 

 

おわりに

当記事は、次の記事を参考にしました。

 

最新科学が解き明かす「怒りを鎮める法則」
川合伸幸名古屋大学大学院情報学研究科准教授

News picksイノベータートークより

 

トップ画像引用元:Genessa Panainte, Unsplash

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

あなたにオススメの記事

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No3

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No2

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No1

愉快な人生を生きるにはNo3

愉快な人生を生きるにはNo2

愉快な人生を生きるにはNo1

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.3

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.2

1/4
Please reload

言葉のアーチスト:ジョージさん

 

行政書士、警備業などの2つの国家資格取得。

 

特捜捜査官として30年間のべ5300人以上の人生再生に携わりの経験。 

「相手の使う言葉から、こころにある「何か」を察知」して、ナチュラルに質問スキルを活用してこころの明確化、寄り添いを提供。

エビデンスは、年間300冊ペースの読書(ランダム読書)で、情報編集力を毎日上書きしています。

お問い合わせ・お申し込み