中小企業経営者さんの待ち構える苦悩

2018/01/11

 

中小企業の経営者さんのこれからの苦悩

今後の社員さんの採用は、優秀な人材は雇えない予想があります。

 

逆に言えば、「なんとなく生きる努力もしていない人」が、大半を占める職場になりそうです。

 

朝の通勤ラッシュで出勤する、夕方まで拘束される、夕方のラッシュで満員電車の地獄を通過するということは、「社畜」と言い放っていることから、中小企業の職場はリフレッシュしないようですよ。

 

若者が「社畜」と言う現時点の現役の社員さんは、いつまでも下っ端になりそうですね。

 

この状態は地方の市立病院に行けば、中年医師がいつまでも下っ端の医師をしていることに見られる今の現実のパターンです。だから医師の不足になっているのです。

 

 

若者が二極化する時代がもう来ている

現在の若者は、情報を持っています。すごい経済学・行動経済学などを知っていますので、最新の未来予想図を持っているのです。

 

おじさん達(おばさんも含む)が、なんとなく生きているから知らないのです。

 

強烈な表現をしますと、下手な大学生は小・中学生より持っている情報量は少ないでしょう。

 

そんな中で、若者の間でも情報の格差は開いています。二極化しているようです。

 

 

1、優秀な若者

知る努力をする優秀な学生さんは、「個で仕事をする」のです。ちゃんと自分に価値をつけているのです。

 

働き方イメージは、「スポット」です。この働きかたは、自分の時間をお金に変えるイメージです。

 

もう、メガバング・大型商社などには、事務系の仕事がなくなるので8時間勤務する理由がないのです。

 

「社畜」にならないため、学生時代を考えて生きている優秀な学生さんです。

 

 

2、なんとなく生きている若者

一方のなんとなく生きている学生さんは、「社畜」の道しかありません。単純労働は海外の人がするので事務系以外の労働が大きな口を開いて待っています。

 

今現在言われている「正社員」は、「社畜」の始まりかもしれませんね。

 

優秀な人は、自分の時間を持ち生きることを楽しんでいますが、なんとなく生きる人は、「社畜」になるようです。

 

でも「社畜」が悪いとは言えません。「何にも考えずに楽に生きられるうまみ」もありますので・・・。人は自由です。

 

 

未来の中小企業の経営職場

優秀な人材は来ないことが予想されます。

 

そして、下っ端の社員もいつまでも下にいることは難しいでしょう。

よって離れていることも予想されます。今から規模を広げることは疑問ですね。

 

 

小企業の経営者さんのこれからの苦悩

中小企業の経営者さんは、この時代を選んだわけではないですね。

 

「昭和とは違う」と言う言葉もありますが、「前代未聞の時代が来る」です。

 

中小企業の経営者さんは、「意地」、「こだわり」、「コリ」、「プライド」を前に前に出さず流れに乗って進むことが苦悩を減らす近道です。ご苦労さまです。

 

 

おわりに

昨日、早慶の学生さんからの「今の若者の思考」を仕入れました。

そもそも「価値観」が違うのです・・・。

今の40歳より若い人の価値観が、おじさん達とは違うのです。

一言で表現するなら、「明治維新」でしょうか。

おじさん達にもメンタルのキツイ時代が来るようです。

歳は上でも知識は下ですから、「自己承認欲」、「自己愛マネージメント」が苦しみますね。

 

後日「今の若者の思考」の特集記事を書きます。知ってください「若者の思考」を。。。

 

トップ画像引用元:Paul BenceFollow, Unsplash

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

あなたにオススメの記事

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No3

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No2

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No1

愉快な人生を生きるにはNo3

愉快な人生を生きるにはNo2

愉快な人生を生きるにはNo1

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.3

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.2

1/4
Please reload

言葉のアーチスト:ジョージさん

 

行政書士、警備業などの2つの国家資格取得。

 

特捜捜査官として30年間のべ5300人以上の人生再生に携わりの経験。 

「相手の使う言葉から、こころにある「何か」を察知」して、ナチュラルに質問スキルを活用してこころの明確化、寄り添いを提供。

エビデンスは、年間300冊ペースの読書(ランダム読書)で、情報編集力を毎日上書きしています。

お問い合わせ・お申し込み