年功助力と熟戦力が経営者をヘルプする4つの記事

2018/01/05

 

年功助力

アルバイト・パート領域で戦略的にシニアを採用し、活かす企業が増加。

 

新卒採用の代わりに、50・60代ぐらいの人の経験値を狙う採用することも発現すると予想される。

 

 

熟戦力

人手不足を背景に、実務担当の即戦力として定年周辺の人材を受け入れる企業が増加すると予想されます。

 

永年勤続ではなく40代50代になっても自分の価値を伸ばすために、新しい道を進むかキャリアを新しく築いていくでしょう。

 

 

これからの特徴

若者へのパワーシフトが徐々に進んでいくと、以前のように年功で年次や年齢が上の人が偉いというわけではなくなります。

 

むしろ若手の部下として、上司(若手)をフォローする役目を負うでしょう。

 

また、雇用経費がおさえられることもありますね 。

 

 

年功助力と熟戦力のイメージ

「定年周辺の人材」とは言うものの、あまりピンとこないでしょう。

 

この考え方は、以前このブログで発信している4つの記事を参考にしてもらえればイメージが浮かんでくると思います。

 

人の知識、経験、人脈は資産です。その資産を資源として再利用するのです。

 

「人に求められる数」が価値です。

 

「定年周辺の人材」は、一言で表現すれば、村の長老が知恵袋として若手から必要とされる生き方です。

 

  1. 激動の時代だから、若者の背中を押す理由

  2. 職場で上司が、部下に敬語を使う3つのわけ。

  3. 新入社員は、長老からメンターシップで、成長・成熟しよう

  4. 上司が職場で部下を知恵袋に育て信頼を築く方法

 

 

おわりに

当方は、生きづらさを感じる若者のメンターとして、メンタリングを提供しています。

 

ですから、「定年周辺の人材」の価値も知っています。

 

経営者の方への人間取り扱いのサポートも展開しています。

 

決して、「年功助力」と「熟戦力」が机上の空論ではないことを実践しています。

 

参考記事は、次の記事を参考にしました。

 

1、おじさん vs 若者を越える「年功助力」と「熟戦力」
NewsPicks編集部より


2、「2018年のトレンド予測」8つのキーワードは? リクルートHDが発表
エキサイトニュースより

 

トップ画像引用元:Jeremy YapFollow, Unsplash

 

 

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

あなたにオススメの記事

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No3

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No2

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No1

愉快な人生を生きるにはNo3

愉快な人生を生きるにはNo2

愉快な人生を生きるにはNo1

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.3

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.2

1/4
Please reload

言葉のアーチスト:ジョージさん

 

行政書士、警備業などの2つの国家資格取得。

 

特捜捜査官として30年間のべ5300人以上の人生再生に携わりの経験。 

「相手の使う言葉から、こころにある「何か」を察知」して、ナチュラルに質問スキルを活用してこころの明確化、寄り添いを提供。

エビデンスは、年間300冊ペースの読書(ランダム読書)で、情報編集力を毎日上書きしています。

お問い合わせ・お申し込み