【うつ病かも!?】自慢話とウンチクが予防に効く話

2017/02/04

  1. 奥様が、カフェでテンション高く喋っているメンタルケア

  2. 旦那さんが。帰り道の居酒屋で上司の愚痴話もメンタルケア

  3. クレーマーが、しつこく食い下がるのもメンタルケア

  4. 周りの人が、ドン引きするウンチク話もメンタルケア

人間は、自己開示話は、セックス、ショッピングの快感と同じ「脳内快楽物質」が分泌すると発表されています。

 

「メンタル」とは

  • 「メンタル」をスピリチュアルと捉えますか?

  • 「メンタル」を霊能世界だと捉えますか?

  • 「メンタル」は、宇宙の話だと捉えますか?

厚生労働省では、「メンタル」は、「こころ」と捉えています。メンタルヘルス対策の公文書に記載があります。

 

人間の喜怒哀楽

  • 楽しいな〜

  • すごく腹がたつ!

  • ちょっと悲しかった・・

  • めっちゃ楽しかった♫

こころとは、喜怒哀楽と解釈しています。

 

人体未解明分野

キーワードです。説明は省略します。なぜならば、コピペの乱用・乱文になりますから

  1. βエンドルフィン

  2. アセチルコリン

  3. ドーパミン

  4. セロトニン

  5. ノルアドレナリン

これらのキーワードを検索したらいっぱい記事があります。

 

分かり易いと認めた記事をご紹介します。(注:出典不明なものも含まれています。)

 

うつ病と神経伝達物質(セロトニンやノルアドレナリン等)

うつ病を知る・うつ病と神経伝達物質の深い関係とは?・・・

脳を覚醒してくれる6大神経伝達物質・・・・

こころとは、「脳内神経伝達物質」の分泌・増減に関係してくるのです。

 

「メンタル(こころ)」:参考話

米ハーバード大学が発表している記事です。

 

自分の感情や考えなどを他者に伝える「自己開示」によって、脳内では快楽物質ドーパミンに関連する領域が反応を起こす。

(参照:AFPニュース

 

 

「こころ」とは

当方は、「こころ」を、「知識」から、「感情」が働き、「意識」することによって「神経伝達物質」が増減されることと解釈しています。

 

感情のコントロール

ハーバード大の研究発表によれば、人は、「神経伝達物質」をコントロールできます。

 

「メンタルコントロール」できるのです。

 

それも、ご自身で、自己開示すれば良いのです。簡単です。

 

周りを見てください。「うんちく王」が居ませんか?その方はポジティブでしょう(笑)

 

私は、「工夫」と「発想の転換」を使ってメンタルコントロールしています。

 

このメンタルコントロールのスキルを提供しています。

 

当「ワークメンタルcafe」の狙い

自己開示は、相手が必要です。聴くプロが必須です。当方におまかせください。

 

「自慢話」、「ウンチク話」は、勿論、「拘り話」、「自分が知り得た話」、「愚痴話」などナチュラルに話ができる環境を提供します。

 

当方の実績では、精神関係薬、睡眠薬など何年も服用されてた方が安眠を取り戻したという話も窺っています。(参考)

 

トップ画像引用元:Unsplash

 

 

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

あなたにオススメの記事

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No3

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No2

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No1

愉快な人生を生きるにはNo3

愉快な人生を生きるにはNo2

愉快な人生を生きるにはNo1

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.3

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.2

1/4
Please reload

言葉のアーチスト:ジョージさん

 

行政書士、警備業などの2つの国家資格取得。

 

特捜捜査官として30年間のべ5300人以上の人生再生に携わりの経験。 

「相手の使う言葉から、こころにある「何か」を察知」して、ナチュラルに質問スキルを活用してこころの明確化、寄り添いを提供。

エビデンスは、年間300冊ペースの読書(ランダム読書)で、情報編集力を毎日上書きしています。

お問い合わせ・お申し込み