「働きたくない」とは

2017/12/11

 

 

大きなミス

クライエントさんがゼロ思考で出した意思表示は、「働きたくない」です。

 

このクライエントさんは、奥さまも子供もいるマイホームを購入した働く現役の方です。

 

でも心療内科に通っているメンタル疾患の患者さんです。

 

以前も、奥さまが「夫が職場から途中帰って来るのでカウンセリングをしてください。」と申し込みがあった男性です。

 

今回が3回目のカウンセリングです。

 

 

働きたくない

当方は、ミスりました・・・・。

 

この「働きたくない」の言葉が、指すことは何か?それをキャッチできていなかったのです。

 

この男性は子育て途中ですし、奥さまも寄り添っていることが背景です。

 

通常、当方はクライエントさんの使う言葉は敏感に意識しているつもりだったのですが、「つもり」でした。

 

このクライエントさんの「働きたくない」は、今の職場は関与が薄く「仕事しない!」という「何もしたくない」という

  • お奥さまに養って欲しい 

ということでした。完全な当方の先入観ミスでした。

 

 

共有の目標

当方のメンタリングは目標を決めて効果を追うものです。

 

「働きたくないから嫁さんに養ってもらいたい」というものは、メンタリングにそぐわないと判断しました。

 

当人以外の他者の思考を触ることは、課題が違いますからこのメンタリングは中止しました。

 

そして、料金を返金してリセットをしたのちに修正をしました。

 

 

間違えた時は修正

放っておけないです。このクライエントは3回も委託された事実があります。

 

そこで、目標を修正するために三者で協議をしました。

 

協議中は、ご夫婦の凄まじいやりとりがありました。

 

 

こころを新たに

このクライエントは人生の崖ぶちに立ちました。

 

後退するメンタルが、前進するメンタルに変わりました。

 

なぜなら、人は「人生の崖ぶちに立つ」と未来しか見ることができないからです。

 

過去は、無いし、未来しかないのです。

 

 

再スタート

強烈な奥さまの生きる力を感じました。

 

それは、野生動物と同じようなレベルの一生懸命に生きるエナジーがありました。

 

これからのメンタリングはクライエントさんの内に秘めた「常識、普通、標準」の思考を変える作業を進めます。

 

しっかりと心の叫びをキャッチしていきたいと思います。

 

トップ画像引用元:Cameron Stow, Unsplash

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

あなたにオススメの記事

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No3

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No2

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No1

愉快な人生を生きるにはNo3

愉快な人生を生きるにはNo2

愉快な人生を生きるにはNo1

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.3

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.2

1/4
Please reload

言葉のアーチスト:ジョージさん

 

行政書士、警備業などの2つの国家資格取得。

 

特捜捜査官として30年間のべ5300人以上の人生再生に携わりの経験。 

「相手の使う言葉から、こころにある「何か」を察知」して、ナチュラルに質問スキルを活用してこころの明確化、寄り添いを提供。

エビデンスは、年間300冊ペースの読書(ランダム読書)で、情報編集力を毎日上書きしています。

お問い合わせ・お申し込み