【強いやらされ感】下ばかり見ていたのが自然に顔を上げられる簡単方法

2017/01/09

  1. やらされている感が強いあなたへ

  2. ポジティブなあなたに会えますよ

  3. 職場での居場所も良好になります。

職場の悩みのストレスを抱えたあなたに、「損か得か」の言葉をキャッチすると変われます。寝つきも良くなります。目覚めも良くなるプチヒントです。

 

あなたはこんな感じでは?

あなたは、もしかして

  • 「上司と距離が遠い」

  • 「仕事に本気になれない」

  • 「もう、どうにでもなれ!」

って思っていませんか?自分自身の生きる理由が分からないから、職場でもやらされている感じでしょうか?生きるストレスを溜めていませんか?この後どうなっちゃうんだろうって思っていませんか?

 

「損か得か」という言葉

自分に聲を掛けるのです。「損か得か」で自問自答してみるのです。何をしなければいけないかに気づくのですよ。

 

「損か得か」とは、生きる理由と、生きる方向を指し示すものです。自分のなかにある理由と方向に気がつくことができます。

自分探しですね。

 

想定する効果

まず、「やらされている感」が無くなります。「どう生きるか」のイメージが浮上します。

自分で、自分らしく生きることに意識が備わり、ポジティブになれます。当然上司との距離は縮まり、同僚のイメージも変わり、職場での居場所も良好になります。

 

イメージ

「物事を損得で判断するぞ!」と発声すると、自分が自分自身のメンタルコントロールをスタートさせています。

 

自分の人生イメージが浮上し、やる気もプライドも蘇り、あなたは、悩みを生まない人になれます。

 

トップ画像引用元:Unsplash

 

 

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

あなたにオススメの記事

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No3

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No2

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No1

愉快な人生を生きるにはNo3

愉快な人生を生きるにはNo2

愉快な人生を生きるにはNo1

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.3

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.2

1/4
Please reload

言葉のアーチスト:ジョージさん

 

行政書士、警備業などの2つの国家資格取得。

 

特捜捜査官として30年間のべ5300人以上の人生再生に携わりの経験。 

「相手の使う言葉から、こころにある「何か」を察知」して、ナチュラルに質問スキルを活用してこころの明確化、寄り添いを提供。

エビデンスは、年間300冊ペースの読書(ランダム読書)で、情報編集力を毎日上書きしています。

お問い合わせ・お申し込み