「私、頑張って生きています」ストーリー

2017/09/01

 

 

題して「「私、頑張って生きています」ストーリー」です。

NOTEに投稿して行きます。

コンセプトは、日本のモチベーションUPです。

悩んでいる方、不安でいらっしゃる方は、モチベーションが下にあると思われます。

だから、持ちバーションUP事業を展開して行きます。

 

この「「私、頑張って生きています」ストーリー」は、自己評価で頑張っている方のインタビューをして作文を行いウェブで発信して行く流れです。

特徴は、表面だけの話をしてもらって聞くということとは違うのです。

録音機は使用せずに、話の背景までも掘り下げていくことから、話し手の心の底を聴取します。

 

今の日本は、「自己承認」に飢えています。自分の話をすれば自分のことが好きになります。

承認欲求を満たしませんか。

*重要なことですが、料金は発生しません。

 

トップ画像引用元:Unsplash

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

あなたにオススメの記事

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No3

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No2

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No1

愉快な人生を生きるにはNo3

愉快な人生を生きるにはNo2

愉快な人生を生きるにはNo1

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.3

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.2

1/4
Please reload

言葉のアーチスト:ジョージさん

 

行政書士、警備業などの2つの国家資格取得。

 

特捜捜査官として30年間のべ5300人以上の人生再生に携わりの経験。 

「相手の使う言葉から、こころにある「何か」を察知」して、ナチュラルに質問スキルを活用してこころの明確化、寄り添いを提供。

エビデンスは、年間300冊ペースの読書(ランダム読書)で、情報編集力を毎日上書きしています。

お問い合わせ・お申し込み