生き辛さの素は「人の承認欲」:メンタルコントロール21

2017/07/24

人の承認欲の逆利用

 


本日は、生き辛いと感じている人のプチヒントになると考えるスピーチを紹介します。

 


AppleのCEOであるティム・クックの言葉
自分が人類に与えている影響は「いいね」の数ではなく、どれだけの人の人生に触れたかで測ってください。

 

人気ではなく、どれだけの人の役に立っているかで測ってください。

 

人が自分のことをどう思っているかを気にするのをやめてから、私は自分の人生がより大きなものになったと気が付きました。(2017年のマサチューセッツ工科大学の卒業式より)

 

カウンセリングの現場では、「人の承認欲」をよく見掛けることがあります。

 

 

この承認欲とは

承認欲とは、他人から認められたいとする感情の総称。


人間は他者を認識する能力を身につけ、社会生活を営んでいくうちに、「誰かから認められたい」という感情を抱くようになる場合が多い。この感情の総称を承認欲求という。

 

承認欲求は承認されたい対象によって、おおむね2つのタイプに大別される。

  1. 他人から認められたいという欲求(他者承認)

  2. 自分の存在が理想とする自己像と重なるか、今の自分に満足しているか、という基準で自分自身を判断する。(自己承認)

である。

劣等感の強い人間や、情緒不安定な人間は自己承認が困難だったり、あるいはその反対に過大な自己評価をしがちであることは、よく知られている事実である。

 

また、思い込みが強い人間や被害妄想に囚われている人間の中には、幻想の他者を造り出してしまうために、自分が他者承認の問題であると思っていても、実際には自己承認の問題であるという錯誤がしばしば発生する。wikipediaより)
 

承認欲は、悪いものではないのです。逆利用の方法があるのです。例えば、

  • 仕事で認められたい人は、人一倍仕事に打ち込む理由になります。

  • 凄いと言われたい人は、自分の得意なものを効果的に利用するようになります。

  • 褒められたい人は、自分の力を提供するようになります。

  • 感謝されたい人は、ヘルプの意識が高く貢献するようになります。

 

 

承認欲の注意点

日本人は、「みんな一緒」の育成を受けて大きくなっています。だから海外の人より「他人のことが気になる国民」です。

親から、先生から

  • 「あなたはどうしてそんなことするの!誰もやってないでしょ!」

  • 「ほらほらみんなと一緒に・・・」

など、みなさまは記憶にあるでしょう。みんなと一緒のことが、正しいと育成されています。だから、日本人は、他人との比較を無意識のうちにしているのです。

 

これは厄介ですね。自分のメンタルがこの無意識の比較つまりは承認欲を呼び出しています。日本では、承認欲は生き辛さになると考えますね。

 

 

病は気から

承認欲は生き辛さもありますが、自分の気持ちの持ちようで真逆になるのです。お聞きになったことはありませんか。「病は気から」です。

 

こころは、苦楽であり

  • 楽は、快

  • 苦は、不快

ですよね。自分の気持ちを素直に快にして、否定せず、満たしてあげるのです。

  • 美味しい

  • 楽しい

  • 居心地良い

の反応は、楽しいですから「快」ですね。でも

  • この料理は、あっちの店の方が美味しいわ〜

  • 楽しくないわけじゃないけど・・・

  • あの時の方が良かった

などと素直に楽しめないのも自分であり、自分の気持ちの持ちようです。

 

 

おわりに

この記事は、人の承認欲について発信しました。日頃、生き辛いと感じている方は、自分の承認欲に気づきましょう。メンタルコントロールが困難な方は当方がサポートします。

 

トップ画像引用元:Timo Stern, Unsplash

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

あなたにオススメの記事

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No3

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No2

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No1

愉快な人生を生きるにはNo3

愉快な人生を生きるにはNo2

愉快な人生を生きるにはNo1

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.3

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.2

1/4
Please reload

言葉のアーチスト:ジョージさん

 

行政書士、警備業などの2つの国家資格取得。

 

特捜捜査官として30年間のべ5300人以上の人生再生に携わりの経験。 

「相手の使う言葉から、こころにある「何か」を察知」して、ナチュラルに質問スキルを活用してこころの明確化、寄り添いを提供。

エビデンスは、年間300冊ペースの読書(ランダム読書)で、情報編集力を毎日上書きしています。

お問い合わせ・お申し込み