人間関係:生き辛い人生を防ぐ4つのキーワード

2017/07/08

 

人の生きるための言葉のセッション

 

この記事は、「人の生き辛い」の特集記事1〜5のまとめです。


この特集記事1〜5では、子供から終末期まで追ってきました。

 

人の生き辛いのものは次の5つでしたね。

  1. 思い込み

  2. 勘違い

  3. 比較

  4. 無意識領域の何か

  5. 人間の執着(意地、こだわり、コリ、プライド)

 

この特集記事では、「人の幸せ」を一言で言うならば、「人のコミュニケーション」ですね。


その中でも大切なものがあります。それは、4つ出てきました。

  1. 「無条件の肯定」

  2. 「理解と納得」

  3. 「確認と修正」

  4. 「親の呪縛」

思い込み、勘違いは、確認で防げます。比較は、理解する姿勢で防げます。無意識領域に潜んでいる「育ちの環境の何か」は、「親の呪縛」を知ることで防げます。


人間の執着(意地、こだわり、コリ、プライド)は、実は「無条件の肯定」で防ぐことができます。それでは、各項目毎にみて行きましょう。

 


1、思い込み、勘違い

思い込み、勘違いは、「理解と納得」の確認行為で防げます。

早とちり、わかったような気にならない効果が生まれてきます。相手を理解するには、自分も納得することが必要です。

 

この「納得」は、従属などとは違い、尊重するの方が近いと考えます。

 

また、相手を理解する意識があると自分の「否定の反論」なども出て来る隙がないので、良好な人間関係が保たれます。

 

さらには、特効薬的なものとして「確認と修正」があるのです。

 

 

2、比較

比較は、人間関係の中で最も厄介なもので、「無条件の肯定」と「理解と納得」のコラボで防げます。

 

ざっと表現すれば、「なんでも良いから認める」のです。相手の状態・言動などにも惑わされず反応せずに、とりあえず認める意識を持つことで、次の「理解」へ進みます。

 

理解したときに肯定の納得をするのです。つまりは、自分のことは横に置いておき「なんでも良いから認める」のです。

 

この意識は、大切です。

 

自分を落とさず相手を持ち上げずありのまんま、そのまんまで受容するのです。

 

例えば、カウンセリングをするときの私は、実施直前に「否定はしない無条件の肯定だ!」っと自分に言い聞かせてカウンセリングの現場に臨のです。

 

このように、みなさまもできることなんです。特別なことじゃないのです。

 

 

3、育ちの環境の何か

無意識領域に潜んでいる「育ちの環境の何か」は、「親の呪縛」を知ることで防げます。

 

知ることで、自分の悩みがパーっと晴れます。自分の悩みがどこから来ているかを知ることができるからです。

 

やはり人は、親子の縁は尊いものですね。自分の悩みが親から来た呪縛のせいとわかっても「怒りの反応」はありません。

 

むしろ、納得されるのです。この「納得」がパーっと晴れさせてくれるのです。

 

この「親の呪縛」を探し当てることが聴く専門家の人間取扱の醍醐味です。

 

話し手の使う言葉に「親の呪縛」が顔を出しています。それをキャッチするだけ、言い換えれば聴取です。

 

 

4、人間の執着

人間の執着(意地、こだわり、コリ、プライド)は、実は「無条件の肯定」で防ぐことができます。

 

これはややこしいのですが、自分の意地、こだわりなど人間の執着を肯定することです。

 

言い訳は必要ありません。

  • アッ自分はこだわっているな〜

  • アッ根拠のないプライドが出ている

  • アレ何にコリを持つのか?

と、自分で執着を無条件に肯定して認めるのです。

 

その認めることで自分を理解して納得し、場合によっては自分を確認と修正をするわけです。

 

 

以上です。どうでしょうか、キーワードが言葉が、セッションしているでしょう。

 

難しいイメージでしょうか?それなら言葉だけでも知ってください。あなたの無意識領域にて働きますから。

 

 

おわりに

人は、人と一緒に生きていく生き物です。そして言語が使える生き物です。内分泌も精巧です。

 

もしかして、食べることよりもメンタルコントロールが必要な生き物かもしれません。

 

食べ物がなかったら自殺する?でもメンタルが壊れたらしますから。

 

この「人の生き辛さ」の特集は、現代に生きる全ての方のテーマです。

 

今(2017_07_08)は、別になくても良いものというイメージの「人間取扱」ですが、当方は違います。みなさまがメンタルコントロールの重要さに早く気づきになられますようサポートします。

 

 

お誘い

この記事を読んでくださいました皆様へ

 

  • 個人カウンセリングは、60分3,500円

  • セミナー開催は、最低人数3人、参加費1人1,000円

で、生き辛さの回避のスキルを伝授します。

ご要望があればこちらです。

 

 

特集記事

  1. ライフワークの生き辛い人生の人間関係とは

  2. 子供のライフワーク生き辛い人生の人間関係とは

  3. 職場のライフワーク生き辛い人生の人間関係とは

  4. シニアのライフワーク生き辛い人生の人間関係とは

  5. 終末期のライフワーク生き辛い人生の人間関係とは

 

トップ画像引用元:Cole Hutson, Unsplash

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

あなたにオススメの記事

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No3

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No2

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No1

愉快な人生を生きるにはNo3

愉快な人生を生きるにはNo2

愉快な人生を生きるにはNo1

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.3

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.2

1/4
Please reload

言葉のアーチスト:ジョージさん

 

行政書士、警備業などの2つの国家資格取得。

 

特捜捜査官として30年間のべ5300人以上の人生再生に携わりの経験。 

「相手の使う言葉から、こころにある「何か」を察知」して、ナチュラルに質問スキルを活用してこころの明確化、寄り添いを提供。

エビデンスは、年間300冊ペースの読書(ランダム読書)で、情報編集力を毎日上書きしています。

お問い合わせ・お申し込み