シニアのライフワーク生き辛い人生の人間関係とは

2017/07/06

シニアのメンタル特徴

 

そもそも、この特集のテーマ「人間の生き辛い人生」の最高レベルのキツイ人間関係です。

 

生き辛いキツイ時期です。

 

一言で言うと「生きる苦しさ」を直接に浴びている時期だと考えています。

 

以前は、「老後はゆっくりするかのぉ〜」でした。

 

人によっては、孫の面倒をみて楽に生きられる老後を思い浮かべた方もいると思います。

 

でも、私はそうは思いません。人間の生き辛いときを生き、「生きる苦しさ」をとことん味わう、人生で一番キツイ時期と考えます。

 

なぜなら、必要とされないのです。存在価値が空白なのです。生きている理由がわからないのです。実際にこれはキツイのです。

 

 

幸い?当方は40歳でリタイア後の疑似体験をしています。

 

状況は、新米身体障害者が、2年間の自宅療養をしたとき、家の中で何もできない自分が、必要とされない存在に気づいたのです。

 

ただ、食事を食べ、・・・しかないのです。。。。

 

子供は、学校へ行き、妻はランチに行くのですが、自分は何もすることがないのです。

 

この期間は、キツイ期間でした。当時の生きる理由は、子供の養育があったからこそ復活を遂げたのです。本当に「生きる苦しさ」を体験しました。

 

 

シニアのメンタル傾向

シニアでは、感情面や人格面では、次のように4つの特徴が顕著になります。(*一般論です)

 

  1. 頑固になる

  2. 保守的傾向が強くなる

  3. 人に対しては厳しくなる

  4. 疑いやすくなる

 

シニアの不安

加齢などで、「死に対する不安」から自分自身の健康状態への関心が異常に高まり、不安になります。

 

  1. 健康・介護面おける不安

  2. 孤独に対する不安

  3. 金銭面での不安

 

シニアの生き辛さの素

 

  1. 体力面の衰え

  2. 技術面での劣化

  3. 何でも面倒になるメンタル

 

などが背景にあり、社会に対する存在価値の亡失感を抱くのです。

 

 

シニアメンタルの状況

人は、過去に生きているのですから、過去の栄光を背負って生きています。現在のシニアは、日本が世界のトップグループに入った頃の現役ですから、過去の栄光は忘れることは不可能ですよね。

 

頑張り、努力を続けての過去の栄光は忘れられないものではないでしょうか。

 

だから、現在の社会に欠けているものがわかると考えることも理解します。社会に向けてモンモン不満が溜まると思います。

 

でも、身体的に、また技術的についていかないので表舞台からは降りてモンモンとして生きていらっしゃるのだと理解します。

 


シニアの目指すところの道標

シニアは、経験値は現役にも負けないという事実。 


そもそもシニアは、知恵袋としての居場所を確保することが、「生きる理由」になります。 


一言で言うと「人間関係は上手く負ける」のです。

 

本当は、経験値があり、現役には優っているのです。

 

それだから「人間関係は上手く負ける」のです。人生経験を積んだ賢者でなければ行けない領域です。
 
 
シニア知恵袋の心得
現役の話を聞いて、ただ単に感心をしたり、背中を押すということは表面的です。

 

現役のメンタルを穏やかにするということが狙いです。人生経験を積んだ賢者にしかない存在価値です。


 
予想される効果

疎外感、孤独感や、不安も無くなります。


ご自身の効果は、ボケないが一番にくるのではないでしょうか。 


毎日、知恵袋に補充をする調べ物は大変です。

 

でもその大変さが人の理想の「ピンコロリ」です。


 
シニアの現状

シニア施設では、朝ご飯直後に夜が来ることをただひたすらに待っている生き方です。眠って居る時が幸せな生き方です。

 

何のために生きているのか?・・・これが「生きる苦しみ」でしょうね。 


真逆です。「人間関係上手く負ける」と一日が短くなります。

 

 

お誘い

この記事を読んでくださいました皆様へ

 

  • 個人カウンセリングは、60分3,500円

  • セミナー開催は、最低人数3人、参加費1人1,000円

で、生き辛さの回避のスキルを伝授します。

ご要望があればこちらです。

 

関連記事

シニアが「うまく負ける」と居場所キープ:メンタルコーントロール12

特集記事

  1. ライフワークの生き辛い人生の人間関係とは

  2. 子供のライフワーク生き辛い人生の人間関係とは

  3. 職場のライフワーク生き辛い人生の人間関係とは

  4. 終末期のライフワーク生き辛い人生の人間関係とは

  5. 人間関係:生き辛い人生を防ぐ4つのキーワード

トップ画像引用元:j zamora, Unsplash

 

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

あなたにオススメの記事

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No3

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No2

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No1

愉快な人生を生きるにはNo3

愉快な人生を生きるにはNo2

愉快な人生を生きるにはNo1

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.3

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.2

1/4
Please reload

言葉のアーチスト:ジョージさん

 

行政書士、警備業などの2つの国家資格取得。

 

特捜捜査官として30年間のべ5300人以上の人生再生に携わりの経験。 

「相手の使う言葉から、こころにある「何か」を察知」して、ナチュラルに質問スキルを活用してこころの明確化、寄り添いを提供。

エビデンスは、年間300冊ペースの読書(ランダム読書)で、情報編集力を毎日上書きしています。

お問い合わせ・お申し込み