子供のライフワーク生き辛い人生の人間関係とは

2017/07/04

子供のライフワーク生き辛いこと

 

子供は、親を選べれません。生まれた環境で人生のベースをつくるのです。これが根っこです。

 

そのベースは、養育環境で作られるのです。

  • 虐待両親

  • 夫婦険悪の状態

  • こだわりの強い親

  • 過干渉の親

が、子供の生き辛い人生のベースをつくるのです。

 

例えば、親に育ててもらわなかったチンパンジーは育児放棄します。これは、そのチンパンジーを責めるわけにはいきません。

 

なぜなら、親の温もりを、母乳を知らないのですから。仕方ないのです。

 

子供のライフワークの生き辛い人生を生み育てる悪は、親です。

 

これが根っこで、子供が人間関係に悩み、不安を覚えストレスをためて苦しむのは親が悪いのです。

 

次は、各成長時期をピックアップしてみました。

 

 

乳幼児

乳幼児期は、親が「非言語」でコミュニケーション能力を高める時です。

 

我が家の芝犬は、怖い時にしか声を出しません。

 

目で話しかけてくるのです。「おいメシ!」「うんこ出たので片付けて」、「おかえり寂しかったよ」、「アッ外出か?行く行く一緒に行く!」と言語ではなく態度・表情の「非言語」でコミュニケーションをとっているのです。

 

この芝犬の非言語でのコミュニケーションが、乳幼児に対するコミュニケーションです。

 

赤ちゃんですから想像話になりますが、乳幼児の時から、親が寄り添ってコミュニケーションが取ることは、子供と親の信頼関係が醸成されるでしょう。アカゲザルの実験が参考になります。

 

 

幼児期

この時期が重要です。

 

幼児期は、集団生活の始まり時期です。ここが親にとっての「親の呪縛」をかけるかかけないかの勝負の時期です。

 

親が埋め込んだ事実を3つ列挙してみました。

1、「比較」、「みんなが一緒」の埋め込み

  • なんで、みんながしていることができないの!

  • そんなこと、誰もやっていないでしょ!

2、「本人限定主義、例外を認めない」の埋め込み

  • 〇〇するべき!

  • 〇〇なるはず!

3、「人間の尊厳破壊」の埋め込み

  • なんでこんなことができないの!

  • 本当にダメな子!

  • あ〜あ

この3つの埋め込みは、大人になっても「アダルトチルドレン」になって依存しています。カウンセリングの現場では本当に多くの方が、「親の呪縛」のこの埋め込みに依存して生きられています。

 

これが当方が表現する「無意識領域の「何か」」の正体なのです。

 

 

学童期

「やらされ感」の醸成時期で、この期間も重要です。

 

ここは、社会人になり、社会に溶け込めるか否か、家庭で生きて行けるかどうかの生きる力を育てる時期と考えます。

  1. 就職・離職問題

  2. 結婚・離婚問題

によく関わっています。例えば、

 

1については、

 

① 新型うつは、「ママがそんなこと言わなかった」と思い、職場の上司、同僚の意見を拒絶して業務が行えず居場所を無くしてうつ状態になります。

 

② 受け身になる社員は、今までは、いつも何も言わなくてもママがしてくれていたので、待ってれば良いと勘違いを起こすのです。

 

2については、

 

結婚している息子の家庭に過干渉を続け、配偶者の妻の存在価値を奪い居場所を無くする。

 

そして、離婚となり、養育費支払いの独身が継続する問題が散見されます。

 

この例示2つは、学童期に手を出し過ぎて、子供、親とも勘違いを起こし「思い込み」を生む「親の執着」。これぞ最悪の「親の呪縛」でしょう。

 

 

き辛いとは

そもそも生き辛いとは、何でしょうか?繰り返します。

 

それは次の5つと考えています。

  1. 思い込み

  2. 勘違い

  3. 比較

  4. 無意識領域の何か

  5. 人間の執着(意地、こだわり、コリ、プライド)

 

おわりに

子供の生き辛いライフワークを決定しているのは親です。あなたは、知っていましたか?

 

生き辛い5つの要素が子供の頃に醸成されるのです。

 

子供は、親を選べないのです。親の養育環境に委ね成長するのです。

 

当方は、人間取扱の専門家ですから、これは、是非教育をしなければいけないことと考えています。

 

英語や、物理、理科、そして数学は、社会に出てから活用する教育です。その前に「親の呪縛」で子供が壊れ潰れていくのです。

 

あなたは、この優先順位をどう思われますか?

 

 

お誘い

この記事を読んでくださいました皆様へ

 

  • 個人カウンセリングは、60分3,500円

  • セミナー開催は、最低人数3人、参加費1人1,000円

で、生き辛さの回避のスキルを伝授します。

ご要望があればこちらです。

 

 

特集記事

  1. ライフワークの生き辛い人生の人間関係とは

  2. 職場のライフワーク生き辛い人生の人間関係とは

  3. シニアのライフワーク生き辛い人生の人間関係とは

  4. 終末期のライフワーク生き辛い人生の人間関係とは

  5. 人間関係:生き辛い人生を防ぐ4つのキーワード

関連記事

  1. 子供育てにはまず親が知らなくてはならないことのコミュニケーションスキル

  2. 我が子が、職場で生き辛い原因のクラシャーママ3つのダメ出し

トップ画像引用元:Mikael Kristenson, Unsplash

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

あなたにオススメの記事

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No3

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No2

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No1

愉快な人生を生きるにはNo3

愉快な人生を生きるにはNo2

愉快な人生を生きるにはNo1

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.3

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.2

1/4
Please reload

言葉のアーチスト:ジョージさん

 

行政書士、警備業などの2つの国家資格取得。

 

特捜捜査官として30年間のべ5300人以上の人生再生に携わりの経験。 

「相手の使う言葉から、こころにある「何か」を察知」して、ナチュラルに質問スキルを活用してこころの明確化、寄り添いを提供。

エビデンスは、年間300冊ペースの読書(ランダム読書)で、情報編集力を毎日上書きしています。

お問い合わせ・お申し込み