悩みストレスを「昔話」にしたら、「思い出話」になる方法

2017/01/02

 

  1. 今、職場のことで悩んでいるあなた

  2. その悩みを消し去ることができるのです。

  3. その悩みは、過去の話にできます。

現在のあなたが、「あの頃は、大変だったよ!」って過去を振り返る自分になれるのです。

 

あなたの中にある、「ネコ型ロボットのタイムマシーン」を使いましょう。(笑)

 

夜、寝つきが良くなるし、目覚めも良くなるプチヒントです。

 

今、職場であなたはこんな感じ?

今、あなたは職場の悩みやストレスから

  • 逃げられるのですか?

  • 避難場所ありますか?

  • この悩みが消えてくれって思いますか?

悩みは、ストレスです。現実逃避したい気持ちは知っています。

 

自分自身でどうにもならないのです。でも、現在の問題を過去の問題にできるのです。

 

私が実践中の「未来を生きるために現在を生きる」ということを発信します。

 

 

 

言葉は、「到達地点」

ため息が連続で、出るときは、「自動思考」が、猛威を振るっていますから、この場面の前にやることをお伝えします。

 

「自動思考」とは、意識していないのにポンポンと勝手に出てくる想い。

 

根拠も何も無いけどポンポンと勝手に浮かんで来る思考です。

 

この「自動思考」は怖いです。

 

でも、あなたの中にある、タイムマシーンを使い、未来を見てきたら全然怖いものじゃなくなるのです。

 

あなた自身の未来を一緒に見ませんか?自分自身で、自分の聲を聴きましょう。

 

一緒に自分探しで自分が変われるのです。

 

予想効果

今は、目の前のことに一生懸命ですけど、自分が到達地点を意識したら、通過地点もできます。

 

段階を追っての思考も生まれます。

  • 到達地点に関係ないものを切り捨てることができ始めます。

  • 判断材料を未来から仕入れることができるのです。

  • 優先順位が変わるのです。

今の悩みは、「昔話」になっているでしょう。

 

「あの頃は、大変だったよ〜(笑)」になれます。

 

あなたは、悩みを生まない人になれます。

 

トップ画像引用元:Unsplash

 

 

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

あなたにオススメの記事

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No3

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No2

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No1

愉快な人生を生きるにはNo3

愉快な人生を生きるにはNo2

愉快な人生を生きるにはNo1

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.3

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.2

1/4
Please reload

言葉のアーチスト:ジョージさん

 

行政書士、警備業などの2つの国家資格取得。

 

特捜捜査官として30年間のべ5300人以上の人生再生に携わりの経験。 

「相手の使う言葉から、こころにある「何か」を察知」して、ナチュラルに質問スキルを活用してこころの明確化、寄り添いを提供。

エビデンスは、年間300冊ペースの読書(ランダム読書)で、情報編集力を毎日上書きしています。

お問い合わせ・お申し込み