悩みとストレスは、感情論と事実のメンタルコントロール9

2017/06/10

感情論が生む人間の悩みから来るストレス

 

メンタル

「メンタル」っていうカタカナ言葉は何?

 

当方では、次の3段階

  1. メンタルとはこころ

  2. こころとは人の気持ち、感情

  3. 感情とは喜怒哀楽

と捉えています。

 

このように人間は、「喜怒哀楽」がポイントでしょう。

 

 

喜怒哀楽

この喜怒哀楽はどこから来るのでしょうか?

 

次に書きますことが大切なポイントですね。

 

 

人間の感情論

根っこは、優越感と劣等感です。

 

この両者は、地球上の生きとし生けるもののルール「強い種を残す」というところから来ていると推察するのです。

 

肉体的な争うことは止められた人間が「自分は強い」という表現に使い始めた「優越感と劣等感」と考えるのです。

 

子供のイジメも自分の劣等感を隠すために優越感に浸る必要があるから弱いものイジメをするのです。

 

実は強くないのにライオンのたてがみを演じているのです。

 

 

人間の執着心

地球上の生きとし生けるものはみんな過去に生きています。もちろん人間も過去に生きています。

 

経験から得た知識で判断して生きていますから、過去に執着するのです。

 

そして「思い込み」とか「勘違い」とかが生まれて来るのです。これを「妄想」と表現します。

 

 

事実認識

あったこと、そのまんまのことを捉えることが「事実認識」です。

 

人間の「思う」、「考える」ということは妄想です。

 

事実認識と妄想とは真逆の位置になります。

 

 

悩みとストレスは、感情論と事実のメンタルコントロール

妄想は、悩みを生み出しストレスを蓄えることになります。

 

あったこと、そのまんまのことを捉えると妄想にはならないのです。

 

ですから、妄想を吹き飛ばす事実認識となるのです。

 

 

あなたの習慣づけるもの

言葉です。あなたの使う言葉に「事実は?」という言葉を日常会話に組み込んでおくのです。

 

「あれ〜それは事実?」とか「事実は何にかな?」というイメージです。

 

自分の脳を「事実脳」にしましょう。

 

 

おわりに

事実だけを追う職業があります。捜査員です。

 

事実を追わないで、感情論に走ったら冤罪発生です。

 

捜査員は「罪を憎んで人を憎まず」です。

 

絶対事実です。

 

トップ画像引用元:Vincent Giersch, Unsplash

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

あなたにオススメの記事

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No3

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No2

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No1

愉快な人生を生きるにはNo3

愉快な人生を生きるにはNo2

愉快な人生を生きるにはNo1

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.3

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.2

1/4
Please reload

言葉のアーチスト:ジョージさん

 

行政書士、警備業などの2つの国家資格取得。

 

特捜捜査官として30年間のべ5300人以上の人生再生に携わりの経験。 

「相手の使う言葉から、こころにある「何か」を察知」して、ナチュラルに質問スキルを活用してこころの明確化、寄り添いを提供。

エビデンスは、年間300冊ペースの読書(ランダム読書)で、情報編集力を毎日上書きしています。

お問い合わせ・お申し込み