あのマイナスの一言が、あの出来事が、心に残ってしまう:メンタルコントロール4

2017/06/03

あなたが自分に寄り添うわけ

 

相談テーマ:以前あの人に言われたマイナスの発言に取り憑かれていて困っている。

 

という内容の相談を受理しました。

 

=回答=

キーワードは、2点あると思います。
1、今まで失敗ばかりしてる
2、仕事で成功することは無理

 

これがナチュラルに思考として出てくるのですね。


これは、「今、ここには」無いものです。

 


マインドフルネス(事実認識)は、
失敗したことで、人間の資産である知識、経験、人脈が高まっています。


パワーアップしているあなたが、成功する確率は高くなっているのです。逆です!


地球に生きとし生けるものは、過去から学び成長をする生き物であり、人間も過去から進化するのです。

 

 

マイナス発言は、

次に、以前の言葉の検証をしましょう。「過去の未完」を取り除くのです。


以前あの人に言われたマイナスの発言が思考として出てきたら、自分自身に問いかけてください。


「根拠は?」


答えは無いのです。なぜなら当時の状況と環境、自分自身が進化しているから答えは無いのです。


次に「いい加減!」と発言してください。


これを何回か繰り返すうち出てこなくなります。


だってアホクサって思いますから。

 

このように自分を可愛がってください。


ナルシストではありません。素直なこころで、自分に寄り添ってあげるのです。


参考記事
【過去の失敗】から解放される簡単方法

 

 

おわりに

日本人の一番怖いものは、「人の心」というアンケート調査結果があります。

 

「あの一言」が、「あの出来事」が、何年たっても消えてくれないのです。

 

そして、「また裏切られたら」という人の心に恐怖を感じてしまう。

 

 

 

これは、感情論です。事実を横に置いた思考です。損ですよね。

 

お得なことは、事実を素直に捉えることです。

 

それが自分に寄り添うことではないでしょうか。

 

 

トップ画像引用元:Brooke Cagle, Unsplash

 

 

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

あなたにオススメの記事

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No3

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No2

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No1

愉快な人生を生きるにはNo3

愉快な人生を生きるにはNo2

愉快な人生を生きるにはNo1

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.3

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.2

1/4
Please reload

言葉のアーチスト:ジョージさん

 

行政書士、警備業などの2つの国家資格取得。

 

特捜捜査官として30年間のべ5300人以上の人生再生に携わりの経験。 

「相手の使う言葉から、こころにある「何か」を察知」して、ナチュラルに質問スキルを活用してこころの明確化、寄り添いを提供。

エビデンスは、年間300冊ペースの読書(ランダム読書)で、情報編集力を毎日上書きしています。

お問い合わせ・お申し込み