ランキングがお好き?自己否定の元凶

2016/12/30

  • なぜ、同期入社の同期ができる仕事なのに、自分はできないのか。

  • 勤務時間外は、上司・部下は勿論、同僚、同期も上手く付き合えない。

  • 何故か、勤務評価は良くない。回ってくる仕事はショボイものばかり…。

職場で、周りの人と、自分とを比べているのでは?

あなたは、職場の上司、同僚、部下と自分を比べて劣っている暗い気持ちでいませんか?

 

あの人は、できるのに、私はできない、どうして私は劣っているのだろうって思っていませんか?

 

みんながすることを私もしなくてはいけないと自分を縛っていませんか?

 

問題を解決するための言葉「人はみんな違う!」

人は、育った環境も、養育も、感情もみんな違うのです。

 

あなたは次の言葉を連発していませんか?

 

常識

普通

標準

みんな

べき

はず

1+1=2は、正解とは言えないのです。

 

なぜならば、答えは、自分が出すもので、他人の出した答えと同一とは、断言できないのです。例えば、

 

  • 1+1=2(数学的)

  • 1+1=田(とんち的)

  • 1+1=「に」、「ふた」、「two」、「mbili」、・・・(各言語的)言葉で、表現すると、答えは沢山あります。メンタル的にはもっともっと広がります。「常識+普通=物事を一般化」して自分を縛るので、マイナスの結果が発生します。

  1. 自分は自分!周りの人と一緒じゃない事実。

  2. 「みんなと一緒」的な養育をされている事実。

  3. 周りの人と比較することは、「劣等感」、「優越感」を抱く事実。

この事実を知ったら、飲み込んだら、あなたは、悩みを生まない人になれます。

 

トップ画像引用元:Unsplash

 

 

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

あなたにオススメの記事

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No3

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No2

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No1

愉快な人生を生きるにはNo3

愉快な人生を生きるにはNo2

愉快な人生を生きるにはNo1

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.3

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.2

1/4
Please reload

言葉のアーチスト:ジョージさん

 

行政書士、警備業などの2つの国家資格取得。

 

特捜捜査官として30年間のべ5300人以上の人生再生に携わりの経験。 

「相手の使う言葉から、こころにある「何か」を察知」して、ナチュラルに質問スキルを活用してこころの明確化、寄り添いを提供。

エビデンスは、年間300冊ペースの読書(ランダム読書)で、情報編集力を毎日上書きしています。

お問い合わせ・お申し込み