【職場人間関係の悩みストレス】話を聴くプロと一緒に「自分探し」

2016/12/29

  1. 鬱憤が溜まってるのに吐き出せないあなた

  2. SNSじゃない。人に話せたら

  3. 聴くプロに話したら、自分のこころに気づけられます。

人に自分の話をすることは、「脳内快感物質ドーパミンがあふれ出す」という研究結果の発表があります。

 

自分の話ができた夜は、寝つきが良くなるし、翌朝の目覚めも良くなるプチヒントですね。

 

あなたは話したい?

  • あなたのモヤモヤをどこかに捨てたい気持ちがありますね。

  • 「モヤモヤなんか消えろ!」って叫んでるでしょうか。

  • 「誰か、このモヤモヤを取り除いて、私を助けて!」ですね。

でも、聞いてもらえない・・・

  • 話ができる人が、イナイ!

  • 唯、聞いてくれる人が、イナイ!

  • 指示や助言、そんなものは、求めてイナイ!

だから、SNSなんかで「死にたい」と発信するのかな〜。

 

誰が、話を聴くことが良いのだろうね

みなさま、気がついたことありますか。

 

日本国には、話しをするプロはいますが、話を聴くプロはいないでしょう。日本では・・・・

 

関係のない第三者に話すことが効果的

では、日本人の解決策はどこに?どうやって?ですよね。

 

話をして、聞いてもらい、すっきりしたことで終わると消化不良???。問題を解決したことによって、明日という未来が来るのです。

 

職場人間関係の悩み、ストレスを感じている人のモヤモヤは、自分でコントロールできます。

 

方法は、「使う言葉」を知れば変わります。それは、「自己完結」とか、「誰の課題」ということで変わってくるのです。

 

人のメンタルは、1+1=2ではありません。

 

想定される効果

  • 重い気持ちを軽くし、暗い気分が明るくなります。

  • 自分に聲を掛けるのです。一緒に「自分探し」で自分が変われます。

そして、あなたは、悩みを生まない人になれます。

 

トップ画像引用元:Unsplash

 

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

あなたにオススメの記事

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No3

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No2

【小学生の児童たちの未来予想図】なぜ、いまを一生懸命に生きるのか?No1

愉快な人生を生きるにはNo3

愉快な人生を生きるにはNo2

愉快な人生を生きるにはNo1

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.3

努力が報われない社会の日本で自分らしく生きなおす方法No.2

1/4
Please reload

言葉のアーチスト:ジョージさん

 

行政書士、警備業などの2つの国家資格取得。

 

特捜捜査官として30年間のべ5300人以上の人生再生に携わりの経験。 

「相手の使う言葉から、こころにある「何か」を察知」して、ナチュラルに質問スキルを活用してこころの明確化、寄り添いを提供。

エビデンスは、年間300冊ペースの読書(ランダム読書)で、情報編集力を毎日上書きしています。

お問い合わせ・お申し込み