Attachment disorder

​発達障害引きこもり

発達障害と引きこもりと親のページとは

このページを開いてくれてありがとうございます。


このページは、発達障害と引きこもりで困っている方の有料コーチング&カウセリングを提供し、お困られているお方にメンタル上の安全を提供するメンタルカフェの公式WEBサイトです。

コーチング・カウンセリングは胡散臭いでしょうか?

オンラインには、不安がつきものです。まずは、困っている方に安心をお届けしましょう。まずは、お金の話からです。


有料コーチング

なぜなら、無料でやるとクライエントさまが本気にならないからです。やはり、「何円出したから、元は取ろう」とする思考が必要ですから。

コーチングサービス内容


通常のメンタルコーチング内容

【コーチングイメージ入り口】

 

月極メンタルコーチング

  • 親のコーチング4回または子供のカウンセリング4回(計4回で1回120分以内)

  • 親子ともに無制限LINE利用ラインメンタリング

コーチング体験、説明会
初回の面談で無料体験・説明会を開催します。時間は体験が180分、説明会が30分で計4時間弱を必要と考えています。

 

なお、交通費はご負担ください。体験して、説明に素直に納得してから、契約をお考えになればいいでしょう。

コーチングが気になったら
お問い合わせください。こちらから出向きます。書けない事などご説明いたします。

​​覚悟が必要です

人は変われないのです。なぜなら "防衛本能" が働くからと言われています。

 

でも、変わらなければ生きづらさは解消しませんね。

 

だから、親子の生きづらさを解消するには、『1年間うーチングを受け続ける』っと覚悟が必要でしょうね。

当方も覚悟しています。『長期間継続支援、始めたら辞められない!這ってでも継続する!』という覚悟をしています。

 


問い合わせ先


ワークメンタルカフェ 

代表電話番号は03-6759-9474 

【LINEでトーク】

発達障害と引きこもりと親の関係


発達障害:共依存の関係は難儀
発達障害の親と子は、共依存関係になりやすい。

引きこもりの子供のが要望
「あのイライラさせる親を何とかしてくれー」

子供の発達障害・引きこもりは、親の呪縛
1、乳幼児期親が子供の近くで大声を出して怒鳴るか夫婦喧嘩をして乳幼児を怖れさせる。
2、幼児期に親が子供に対してメンタルを上から圧迫した。
3、親が子供の無意識領域に「怒られると怖い」というビクビクする思考の刷り込みが行われた。
4、親の思考が子供に生後遺伝する。

誰の課題
子供の引きこもりは、当初は子供の課題、しかし引きこもられたら親の課題

到達目標
子供に安全地帯を提供する。安心が防衛本能を鎮め穏やかになるようだ。まず、親が自分の思考を振り返り安全地帯に入る。その後、子供を安全地帯誘うイメージ。

子供の発達障害・引きこもりの結論
親が、子供の存在価値、子供のアイデンティティ、子供を尊重する。親が素直に納得し、恐怖や不安を取り去り、安全地帯を作る。

発達障害と引きこもりと親の関係


非行少年少女、ヤクザが教えててくれたメンタル

非行男子中学生が教えてくれたメンタル
「家の中が居場所が無いから外に出るのだ」。「夜になれば、お父さん、お母さんが家に帰って来るから、居場所がなくなるので暗い夜の世界に非難する」。「夜になれば行く場所も限られるからコンビニの前に行く」。「そこには自分と紙一重の居場所が無い子たちが集まって来る」。「夜になればする事がないので、やる事と言ったら悪い事だけだ」。「スリル満点の窃盗や、暴走や、学校への侵入などの犯罪行為をするようになる」。


「別に物が欲しいとかは無いけど、虚しさの時間つぶしとスリルを楽しむようになった」。「気がつくと家の外で虚しさの時間つぶしが、習慣みたいな事になる」。「ドップリ浸かっていたし、誰かが引き戻してくれなければ引き返す事はあり得ない」。「自分では虚しさを感じているが、家は親の家であり、親が好き勝手するので居場所が無いから、夜に外で暮らし続ける」。


ヤクザ者が教えてくれたメンタル
「刑事さん、ワシは半端者じゃ!刑務所とシャバの往復みたいな事をやっているが、分岐点だったのは小学2年生のころなんじゃ」。「そのころに戻れたら、普通の人生になっているかもしれんのよ」。

 

「ワシは母子家庭育ちなんじゃ」。「当時、ワシの母親は、子育てを放棄していたんじゃ」。「まったく子供には関心がなく、ワシの思い出の中にも何にもないんよ、今の思い返せば居場所がなかったんじゃ」。「荒んだ気持ちしか思い返せんのよ」。


「刑事さんは悪るさしでかした少年少女を担当するのじゃろ〜」。「教えてやってぇな〜 」。「子供のころ、それも小学低学年のころを大切に生きろよ! ”小学生のときの生き方が、一生を決めるから" ということを真剣に教えてやって欲しいな〜」。「そこには親の子育てがあるから、子供だけのことではないから難儀なんよ」。「でも、親がちゃんと子育てしたら極道者はいなくなる」。「刑務所にも入らんでもええし、真っ当な人生を送れるよ」と教えてくれた。


発達障害の患者さんが教えてくれたメンタル


自己診断で発達障害を疑うおじさんのメンタル
「家は剣道道場だ」。「小さなころから家の中でも剣道の作法のような養育を受けて来た」。「親は師範なので、俺の意見は話す環境下になかったし、いつも剣道場にいるみたいで窮屈な家で生きてきた」。「気がついてみると、ビクビクする自分ができていた」。「だから、勉強に逃げている子供だった」。


「勉強ができれば怯えが軽くなる」。「でも、社会人になり、上司の指示、命令が聞けなくなっていた」。「上司の前ではビクビクしていた」。「その場限りでクリアする事を最優先にしたのでテキトーな部下になっていた」。「仕事の成果も出せず上司の信頼は皆無だったし、部下にはキツくテキトーな指示・命令を出すので、板挟み状態になり業績は落ちるばかりだった」。


「なぜなら、上司の前ではその場をやり過ごしたらオッケーだし、部下には上から命令するので部下からも避けられていたから、本当に生きづらさを感じていた」。


小学生のころ発達障害という病名を告げられていた社会人のメンタル
同期入社の同期の人からもハネられていた男性が職場でもハネられた。この男性は、ビクビクしていたが、人当たりは驚異的で、返事もツヤがある。表面的には完璧な社交性を身に付けていた。

 

でも、業務はできなかった。任された業務は、気持ち良く受けるが完成までたどり着けない。その職場では、3ヶ月ほどは表面化しなかったが、徐々に優先順位の課題が表面化してきた。この男性の親は、地方の公務員だった。

大学生のころ発達障害の病名を告げられていた社会人一年生
職場では、ビクビクしているのが出入り業者でもわかるような緊張が見える化している男性だ。職場の中では、優先順位がわからないよで、チグハグな業務を行う。結局入社してからいづらくなり半年後に自己都合で退職した。

 

この男性も親は地方の公務員であり、ご両親は離婚している。育ててもらったお父さんの話を向けると、一生懸命悪く言わない非言語が目立った。


うつ性の疾患を治療中に発達障害の病名が追加された女性のメンタル
この女性は、本人が公務員だった。働き始めて2、3年経ったころ、うつ性の病気を発症し、治療の過程で発達障害の病名が付いた人だ。こだわりが強く、周りの空気が読めず自己主張をするので、上司にも逆らった結果を引き起こして働けない状態になり休職後退職に至った女性。

 

母親と共依存的な部分も見え隠れしたが、母親を悪く言わない。この女性の親も地方の公務員であり、母親がヒステリック、依存的な特徴もあり幼少期から病んでいたような女性だ。ちなみに、この女性の妹さんも多動性などが認められたが、発達障害の診察は受けていなかった。

大学生のころ発症した現在も苦しんでいる社会人一年生のメンタル
小学生のころから、ビクついていたがそれほど目立たない。箸が転んでも笑う子だったが、大学生になりうつ病が発症し、二十歳超えてから発達障害と診断された女性。就職してから違和感が出たようで、大人の発達障害として病名を受けた。


この家も地方の公務員一家であり、親は、二人とも自分の感情任せに大声を撒き散らすこだわりの強いタイプの両親だ。

このように、当方の経験が少ないながらも発達障害の裏側では共通の課題が見え隠れしている。


現代の出版された本の特徴


現在では、社会問題の引きこもりをテーマにした本がかなり出版されている。その特徴は、「親に関する内容を書かれた本」がたくさん存在する。

 

内容は、親が聞く姿勢をとるようにとの方法論から、臨床現場の愛着理論の専門的な内容まであるが、一概に表現すれば原因は「親自身のメンタル・思考」にあり、その思考から養育環境に悪影響が出ている事が認められる。

当方は、数ある本の中から精神科医2名が題材として使った「愛着理論」を取り上げた。この理論は、非行少年、少女などから直接聞いた事を裏付けた理論である。また、当方が経験した発達障害の病名を持つ人に携わり、共通の親の関与状況が裏付けられた。

要は、一言で表現すれば「子供が乳幼児期に主に母親が持っている思考を生後遺伝し、我が子に引き渡す」と解釈した。これは、人間の手によって大人になった哺乳類は、育児放棄をする事で想像はできると思う。


要するに、親は自分の養育環境を自己の無意識領域に刷り込んでいる。自分が子育てをやるときに、無意識領域にある親から引き継いだ思考がベースとなる。ただし、この生後遺伝は、無意識領域においての話であり、意識してコントロールできない思考である。

メランコリー親和型性格

この共通の課題は、「メランコリー親和型性格」だろうと考える。次のような特徴を指すと言われています。

  1. 正確さを求める 

  2. 綿密

  3. 勤勉

  4. 良心的

  5. 責任感が強い

  6. 対人関係では衝突を避けようとする

  7. 他人に尽くそうとする

 

旨、日本人の旧来からの「職人気質」を連想する説ですね。

 

この気質が日本人が西側諸国より自殺が多い理由になると言われています。


大人の発達障害は生後の遺伝か?


少年少女の非行現場では、家庭に居場所が無い課題が浮上しています。

 

大人の発達障害は、親の「メランコリー親和型性格」が子供の養育環境に影響されている。

 

よって、発達障害、子供の生きづらさには、「愛着障害」など親の関与が重要な意味を呈している。

 


親の養育環境で決まる子供の人生
ビクビクした子供たち、発達障害を発症した子供たちは、生きづらさを抱えています。この生きづらさは、愛着理論で「第二の遺伝」と言われているようです。

物心がつく前に、親の養育環境が刷り込まれています。

 

キーワードは「安全地帯」で、親の養育環境の不備が埋め込まれるわけです。

 

「安全地帯」という言葉は、ものごとの捉え方、思い方、感え方を無意識領域に刷り込まれるという説です。


だから、自分の「普通」という状態になり現れます。

 

自分の中では ”普通” と思ったり考える事がネックになるわけです。キツイですね。

 


誰も悪くない

でも、誰も悪くはないのです。
実は、子も苦しむが、親も苦しんでいる発達障害の親子は、たくさんいるでしょう。

江戸末期から昭和の戦争に関して、親の親、その前の親は、無関係ではないようですね。


親の呪縛の連鎖です。異国の思考が入ってくれば断ち切れるでしょう。

 

日本は島国根性が蔓延る島国です。「そんなの常識だ!」「それは普通じゃん!」と言っているうちは、連鎖は解けないと考えます。

発達障害と引きこもりと親の課題


いまの日本の社会問題は、苦しむ子供の課題ではない。親の課題でしょう。


親は自分の心肺が停止するまで、課題を背負って生きてゆくのです。楽になるのは逝ってしまってからでしょう。

いまの親は思考停止です。だから、停止状態を解除するヒントの提供します。

たとえば、子供が引きこもったら、数千万の準備金が必要ですよ。

 

なぜなら、引きこもった子供を保護するのは、親です。生活保護制度はムリでしょう。

 

月間生活保護費受給額を105,000円として計算すれば、すぐにわかります。

 

生活保護受給者は、医療費は免除ですが、引きこもりの場合は、本人負担です。さらには、親の生活費、老後の資金も加えたら、いまの年金問題の2,000万円は軽くオーバーしますよ。

親が、本気にならなければ事態は晴れ晴れしないでしょう。

 

親が思考を働かせる事が第一歩です。親にしかできない事があります。

「国が、行政がやればいい」!ではありません。

 

テレビドラマのような水戸黄門も、東山の金さんも解決人は現れません。

いま、日本はお金が無く頭を抱える国ですから、お国や行政を頼りにしないで、自力解決する方向で考えられたらどうでしょうか。

ワークメンタルカフェとは

資格
あなたは何の資格があったらおさまりがよいですか?


臨床心理士でしょうか?産業カウンセラーでしょうか?実は、この二つの代表的な資格は民間資格です。

そもそも、日本では精神論が根底にあるから心理学は日本には馴染みの少ない思考です。

 

ヨーロッパでは第1次世界大戦の後、子供たちを育てる目的で心理学がアクションを起こしたという説があります。

 

また、アメリカでも、多くの人種が集まり生きていたのでアップデートしました。

 

その理由は、国が違えば常識とか普通も通じないからでしょう。

そして、日本人は、勤勉ではありません。

 

その証拠には、学校の教職員が知識のアップデートをしていないと感じます。

 

アップデートしていたら、読書が低水準にならないのです。

 

それに、日本では資格を取得すれば、永年勤続のようにアップデートしません。

いまの社会は、革命が起こっていますね。パラダイムシフト中であると言われています。

 

何年も前の知識であぐらをかいている日本ですね。

 


当方の価値
当方は、知識のアップデートを継続しています。

 

資格より知識のアップデートが社会貢献だと考えるからです。

 

年間300以上の読書をしています。世の中の動きが理解できるのです。未来だってわかります。

 

そのわけは、情報編集力を鍛えているからです。


本一冊ではわかりません。でも本の内容を別の本の内容とで掛け合わせるのです。

 

だから、行間を読めるのです。そして、知識人である著者の脳にリンクしています。

 

引きこもりや発達障害のテーマでは、精神科医、経済心理学・行動経済学等研究者の脳内と当方が結びついています。


そのリンクした中で編集力を働かせるわけです。

 

この方が、時代の変化のときですから昔取った資格より格段に価値があると思いませんか?当方の取得しているのは民間資格です。この資格はボランティアをするための資格です。

重要事項繰り返し

返:お金の話
料金は、発生します。なぜなら、無料でやるとクライエントさまが本気にならないからです。

 

やはり、何円出したから元は取ろうとする思考が必要ですから。

返:サービス内容
月極サービス

  • 親のコーチング4回または子供のカウンセリング4回(計4回で1回120分以内)

  • 親子ともに無制限ラインメンタリング

*ただし、交通費はご負担ください。

繰返:体験、説明会
初回の面談で無料体験・説明会を開催します。
時間は体験が180分、説明会が30分で計4時間弱を必要です。なお、交通費はご負担ください。
素直に納得していただきます。その上で契約をお考えになればいいでしょう。

繰返:要約
共依存の関係は難儀:親と子は、共依存関係になりやすい。

苦しむ子が要望する事とは:「あのイライラさせる親を何とかしてくれー」

返:子供の発達障害は、親の呪縛

  1. 乳幼児期親が子供の近くで大声を出して怒鳴るか夫婦喧嘩をして乳幼児を怖れさせる

  2. 幼児期に親が子供に対してメンタルを上から圧迫した

  3. 親が子供の無意識領域に「怒られると怖い」というビクビクする思考の刷り込みが行われた

  4. 親の思考が子供に生後遺伝する

 

返:誰の課題?
子供の引きこもりは、当初は子供の課題、しかし引きこもられたら親の課題

返:到達目標
子供に安全地帯を提供する。安心が防衛本能を鎮め穏やかになるようだ。

 

まず、親が自分の思考を振り返り安全地帯に入る。その後、子供を安全地帯誘うイメージ。

返:結論
親が、子供の存在価値、子供のアイデンティティ、子供を尊重する。

 

お互いが素直に納得し、恐怖や不安を取り去り、安全地帯を作る。

ーーー問い合わせーーー
引きこもられている子供さんへ
「、うちの親をなんとかしてくれ〜」って思いませんか?だったら当方が代弁者になりましょう。

 

被害届のイメージです。ただし処罰を求めてはいけません。誰も悪い事していないから。

気になったら
お問い合わせください。こちらから出向きます。書けない事などご説明いたします。

 


問い合わせ
ワークメンタルカフェ
代表電話番号は
03-6759-9474

LINEでトーク

*「供たち追加」→「一言メッセージを発信」

:じょーじさんからメッセージを待つ

言葉のアーチスト:ジョージさん

 

行政書士、警備業などの2つの国家資格取得。

 

特捜捜査官として30年間のべ5300人以上の人生再生に携わりの経験。 

「相手の使う言葉から、こころにある「何か」を察知」して、ナチュラルに質問スキルを活用してこころの明確化、寄り添いを提供。

エビデンスは、年間300冊ペースの読書(ランダム読書)で、情報編集力を毎日上書きしています。

お問い合わせ・お申し込み