Work Mental Cafe

LINEで24時間メンタルコーチング

トップ画像引用元:Kevin Quezada, Unsplash

ワークメンタルカフェ

「生きづらさ」に寄り添うコーチングカフェ 

ワークメンタルコーチング5本柱

  1. 未来を生きる子供たちの未来

  2. なんとなく就職された方

  3. 発病後、不安・悩みを抱えた方

  4. 人間関係で悩んでいる方

  5. 親子間で悩んでいる方

Workmental-Cafe Blog

2019/07/23

ポイント

  • 客観性をキープ

  • 親子は無礼講(ぶれいこう)

いま、重いですか、苦しいでしょうか
親子だから、生きづらさが降ってきます。親も子供も大同小異。

いま感じている葛藤は、いまはキツ...

2019/07/18

「知る努力」が親と子供の未来を明るく照らす
「発達障害」という病名を持った子供の親は、通常以上に勉強をしなくてはならない。なぜなら、親の無知が病名を持った患者さんを追い詰めるからだ。物理的に追い詰める...

2019/07/17

「怖いから」がキーワード

発達障害の症状は

  • 多動性

  • 場が読めない

  • 注意意識は一つのみ

  • 人は苦て相手の気持ちがわからない

という特徴があると言われている。

その表面の...

2019/07/16

引きこもりの現場では
いま「引きこもり」の社会問題は、表面的には、子供の課題に映っていますよね。引きこもりの当初のころはそう映っていると思います。


高校の現場では、親は思考が停止していませんか?現場で...

2019/07/12

発達障害と引きこもりと親の関係

レールから外れた非行を犯した少年少女たち、少年の頃を振り返って教えてくれた。ヤクザ者が、心に引っかかっている思いを真剣に教えてくれたメンタル(思考)の実話を披露しよう。

こ...

2019/06/10

 サバンナのビックファイブをご紹介します。

古くから貴重な価値を継続しています。近年の人間が捨てていったことです。

日本は、京都が良い代表例でしょう。純日本風な街並みを捨てて猛進した結果ですね。

地球にはル...

2019/06/07

 この動画は、ケニア共和国のマサイマラ保護区で撮影したものだ。

大昼間、サバンナの中の薮の木陰でひっくり返っていた王者オスライオンのお昼寝タイムに遭遇した。

どう猛な王者の威厳はどこかへ飛ばされたような穏...

2019/06/06

生きづらさを感じるときは、人間界から外れましょう。かわいいミーヤキャットの幼稚園みたいな動画で生き方のヒントをゲットする。

Please reload

言葉のアーチスト:ジョージさん

 

行政書士、警備業などの2つの国家資格取得。

 

特捜捜査官として30年間のべ5300人以上の人生再生に携わりの経験。 

「相手の使う言葉から、こころにある「何か」を察知」して、ナチュラルに質問スキルを活用してこころの明確化、寄り添いを提供。

エビデンスは、年間300冊ペースの読書(ランダム読書)で、情報編集力を毎日上書きしています。

お問い合わせ・お申し込み